2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.03.27 (Sun)

【その他】  多くを語らず

  
      
                           2011.03.27




「お帰り!」


息子が日立市の仕事場から夜11時近くに家に戻ってきた。

疲れ切った様子で、まず風呂に入った。
その間、嫁さんは大急ぎで料理を作りだす。

風呂から上がった息子、
胃が小さくなったと言いながらも、
嫁さんの用意した暖かい食事を美味しそうに食べる。

いつもならもう寝ているつくねが長男の周りを離れない。
何か自分も食べる物を貰えると思っているのだ。

つい先日の日立市近くを震源とする震度5強の地震について、

「どうだった」

と、聞いてみたが、、
大したことがなかったよと言うだけである。

仕事柄、多くを語りたくないのだろう。

何事もなかったように自分の部屋に戻って行った。


嫁さんと二人で話す。
こうして元気に帰ってこれるだけでも有難いことだと。



翌日は、さすがに疲れているのだろか、
午前中いっぱい寝ていたが、
起きてくるなり庭に出て、土いじりを始めた。

津波の被災地では、目を覆うような惨状が広がっているのに、
我が家の庭では、木々の芽吹きが始まっている。

そんな春を待つ木々達を眺める息子の後姿からは、
彼が仕事場で対応している人達の悲しみや辛さは伝わってこない。
何事もないかのような穏やかな時が流れている。

余震については、心配していない息子も
さすがに福島原発の様子は気になるようである。

しばらくして買い物に出かけて行った。

向こうで手に入りにくい物と、
雨に備え合羽を同僚の分も合わせ買い求めてきたらしい。


早めの夕食、
息子の好きなものを食べさせた嫁さん。


つくねを抱いて義母が手を振る。
嫁さんが投げかける。

「気をつけてね」

また、夜の日立市に向け息子の車が走り去った。






                                         【その他】 目次



スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害 ジャンル : ニュース

EDIT  |  07:15  |  その他  |  TB(1)  |  CM(16)  |  Top↑

2011.03.19 (Sat)

【その他】 震災後1週間目に

    

                           2011.03.19   



「ようやく水が出るようになった」

昨日、深夜近く長男から嫁さんに連絡が入った。

地震が起きたその日は、たまたま東京にいた長男が、
翌日に仕事場の一つである日立市に向かうという。

 道路状況が良くないから無理と違うの、
 上司の指示に従ったら、
 まだ余震があるから、
 ・・・・

嫁さんが色々と電話で長男を引きとめていた。

 同僚が、一部壊れた建物の中で仕事をしている、
 行くか行かないか決めるのは自分だ。

そう、言い残して、結局一昼夜かけて仕事場に舞い戻って行った。

その後、無事に日立市に着いたことと、
仕事場の状況の簡単な報告があった。

 食事は取れているの、
 余震は、
 福島原発は、

問題ないという、短い連絡で電話は切れた。

TVで映る被害状況や避難されている人々の様子を見ていては、
息子を心配する嫁さんもそれ以上は多くのことを言えないでいる。


この1週間、義母も嫁さんも私もTVの前を離れられない。

原発の様子がすごく気になる。

私も思い余って息子にメールをする。

家で心配していることが分かったのか、
折り返し嫁さんに連絡が入る。

声を聞いているだけでほっとする。

原発のことはよくわかっているので
余り言わないで欲しいという。
食事もちゃんとしているから心配ないそうだ。

二言三言で電話が切れる。

嫁さんもただ身体に気をつけてと言うしかない。

それが、昨夜、深夜頃に嫁さんに電話が入る。

ようやく水道が復旧したという。
食事は、一日おにぎり二個という。
これから帰って風呂に入るらしい。

それでも、一週間ぶりに風呂に入れるだけましだと
明るい声だったとか。

日立市の職場に付いた時、
食事その他の状況は問題ないと言っていた息子。

やはり家族の者に心配かけたくないからそう言っていたのだろう。

一日おにぎり二個の食事や断水のときでも、
我々家では、それなりの食事を取り、風呂にも入っていた。
せいぜい協力していたのは、節電とガソリンを使わないことくらい。

仕事のために日立市に行った息子のことですら心配な我々。

実際に被害に遭われ、家族と連絡がつかない人々や
避難所での苦難の生活を強いられている方々に
一日も早く、支援物資とケアーのための人手が行きわたるよう祈りたい。







                                         【その他】 目次



テーマ : 地震・天災・自然災害 ジャンル : ニュース

EDIT  |  11:18  |  その他  |  TB(1)  |  CM(7)  |  Top↑

2011.03.13 (Sun)

【都筑の風】 怖かった!

   
     
怖かった!@都筑の風           2011.03.13



今回起きた地震で被災された方々に対し、
心より哀悼の意を表します。




          【注】当分の間、ブログの更新はお休みさせて頂きます





「つくね、こっちにおいで!」

最初の揺れ、また地震かとくらいにしか最初は思わなかったが、
今回の地震は一向に揺れが収まらない。

つくねも、何か異変を感じているのか、
直ぐに私の方に駆け寄り腕の中に飛び込む。

2階の部屋から階段を下りる。

「バターン!!」

戸とが閉まるような音がする。

「エッ、帰ってきていたの!」

義母と嫁さんが外出していたのだが、戻ってきたのかと一瞬思ったが違った。

グラグラと家が揺れている!

リビングに降りて一呼吸するが、部屋の明かりが激しく左右に動いている。

まだ、揺れが収まらない。

テーブルの下にもぐろうかと思ったが、庭に出た方が安全と思い
つくねを抱いたまま外に出る。


地面が揺れているのがはっきりと分かる。
立っていられない。

つくねがう腕の中で暴れる。

「つくね、駄目!」

腕から逃れようとするつくねを抱きながら、庭にしゃがみ込む。

目の前の家の壁が揺れている。
庭木の枝が同じように小刻みに動く。

これは、大変だ!

2階の部屋から庭に出るまでにも時間がかかっているのに、
それでもまだ揺れが続いているのである。

こんなに激しく、かつ長い間揺れる地震は初めてである。


足元が動いている。
目の前の家がギシギシ音を立てている。

怖い!
と思った。

こんな時に、義母と嫁さんが外出している。
携帯に電話をするが、何度かけてもつながらない。
二人の子供の携帯に電話を掛けるが同じようにつながらない。

携帯電話の規制が掛っているのだと分かっているが、
無駄と分かっていても、直ぐにリダイヤルをする。


しばらくして、いや私の体内時計では相当長い間であるが、
ようやく揺れが収まり一旦家の中に戻る。

と、同時にまたすごい揺れだ。

思わずまた庭にでる。

二三度出たり入ったりするうち、
ようやく揺れが収まってきた。


玄関のドアのかぎを開け、逃げ道を確保する。
道路に出ると、近所の奥さんが小さな子供を連れて避難していた。


「大丈夫ですか!」

「はい、なんとか。でも家のは、飼っていた魚の水槽の水があふれて水浸しです」

そんな話をしている最中に、またグラッと身体に感じる揺れが襲う。

前に家の駐車場に止まっている4駆の車が上下に揺れ出した。
電線が、縄跳びの紐のように波打っている。

「ワー、怖い!」

その奥さんも、子供を腕の中にしっかり抱きながら道路にしゃがみ込む。

こんどは、家と道路の間を何回か出入りする。
強い余震が続く。

義母や嫁さんとまだ連絡がつかない。

長男からは固定電話が入り無事が確認できる。


少し落ち着いて、家の中を確認して驚いた。
玄関に掛っていた絵の額が落下、
部屋の中の額も傾いている。

それどころか、中庭の石灯籠が倒れているのである。
本棚の上の花瓶が落ち、パソコンの外付けHDが倒れている。

義母と嫁さんがまだ捕まらない。
二男とも連絡が取れない。

TVで地震の様子が報じられている。
リアルタイムで津波が多くの家屋を飲みこんでいっている。


大変だ、義母や嫁さんは、二男はどうなっているのだ。



心配を抱えながら待つこと2時間ほどしてようやく
義母と嫁さんが戻ってきた。

新横浜の高層ビル、ぺぺに買い物していた時地震に遭遇したとの事。
一部壁などがはがれたりエレベータが止まったりするなか、
係員の誘導に従って避難したらしい。

何とか揺れが収まった段階で嫁さんは、
義母を1階に待たせたまま6階まで駆け上がり車を出したらしい。

外に出ても、停電で信号機が作動していない。
ゆっくりと車を走らすが、反対車線は既に渋滞で車が動いていなかったのこと。

そんななか、なんとか家にたどり着く。
無事を喜ぶが、TVの中の映像は、刻々と地震の悲惨さを伝えている。
義母のほっとしていた顔が不安そうな顔に代わる。

二男との連絡がついたのは夜の8時過ぎ。
本当にほっとする。

横浜も震度5強の報道、
携帯や固定電話が少し通じるようになったのか
親戚や友達からも一斉に安否確認の連絡が入りだす。


私の身辺では、怖い思いをしただけで済んだが、
TVで見る被災地区の被害は想像を絶する状況である。


地面が揺れた、家族と連絡が取れない、
それだけでもこれだけ怖い思いをし、心配もした。

東北地方の被害を受けた方々は、そんな生易しいものではないだろう。

被害にあわれた方々に本当に心より哀悼の意を表したいし、
今後の復旧にみんなで力を合わせて臨んでいけるよう期待し祈りたい。


【注】
 当分の間、ブログの更新はお休みさせて頂きます


 
                                   【都筑の風】目次



テーマ : 横浜!YOKOHAMA! ジャンル : 地域情報

EDIT  |  07:15  |  都筑の風  |  TB(1)  |  CM(11)  |  Top↑

2011.03.11 (Fri)

【つくねの写真集】 ちょっと寄り道

          
        
ちょっと寄り道1
(お父さん、ばっちゃんが家に帰ると言ったようだけど嘘だよね)
   
    
ちょっと寄り道2
 (ばっちゃん、ここが有名な油壺のヨットハーバーだって)
   
   
ちょっと寄り道3
ソレイユの丘は、ばっちゃんが疲れるのでパス、来たのは近くの漁港なんだよ)
  
  
ちょっと寄り道4
   (こんな所で美味しいもの食べれないじゃないの!)
   
   
ちょっと寄り道5
(結局私だけ美味しいものなしで帰るのね




                               【つくねの写真集目次】



テーマ : わんことの生活 ジャンル : ペット

EDIT  |  07:15  |  つくねの写真集  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。