2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.14 (Mon)

【酒の肴-男の料理-】 第四作目 レンコンとひき肉のトマト煮

第四作目 レンコンとひき肉のトマト煮    08.04.13


どうだ、やればできるではないか!

という感じの料理の名前ではないですか。

もちろんレシピ本についていた料理名であって
私が名づけたものではありません。


今日は日曜日。

サラリーマン時代から家でお酒を飲むのは
土日の2日間と暗黙のルールを作っている。

仕事の関係でお酒を飲む機会が多くあるとき肝臓を悪くした。

それまでは365日毎日お酒を飲み、
休肝日を意識しながら飲み続けた日々だった。

それが、土日2日間のみの”酒飲みデー”にしたのだから
大した変わり様と自分でも感心している。

ところがである、定年になると、それこそ毎日が”土日”であるから
ついつい気が緩んでしまい、お酒を飲む頻度がまた増えてきた。

まして、こうして「酒の肴-男の料理-」と銘打って
料理にチャレンジしようとしているのだから、
出来た料理を肴に酒を飲まないわけにはいかない。

そこで、今後は再度ルールの正しい運用をめざし、
なるべく料理のチャレンジは土日にしようと考えた。

そして今日は日曜日、第四作目となった次第。


いつもの料理本「とまらない酒と肴」のなかから、
”初心者”ができそうな料理を探す。

探す基準は、嫁さんが作らないもの、
すなわち作ることは簡単だが時間がかかる料理だ。

で選んだものが「レンコンとひき肉のトマト煮」だ。
同じページに食べたことのない「レンコンのきんぴら」が載っていたので
それもついでに作ることに。

”ついで”ですからね、初心者の割には言うことだけは一人前だ。

レンコン料理を選んだのは、
個人的にはレンコンが好物であることもその理由の一つだが
嫁さんの作るのがレンコンの卵とじが多く
少し変わったものを作り驚かそうといった下心もあった。

”初心者”なのに生意気なもくろみだが、
どうせ作るからには遊び心も必要だろうと、
作ってもいない前から出来梅を目にした嫁さんの顔を思い浮かべる。

レンコンは、これまで何度となく食べてきたが
自分で料理したことは初めてだ。

まず、その硬さに驚く。
包丁で皮が旨く剥けないのである。

もちろん包丁の良し悪しもあると思うが、
他の食材ではこんなことはなかった。


こんなことも料理をして初めて分かった”驚き”だ。

この”硬さ”を料理するこつも分からず、ただレシピ通りに作った結果、
レンコンのサクサク感ではなく硬さが少し残ったものになってしまった。

それでも息子はちゃんと平らげてくれたので
まずまずの出来梅と自画自賛をする。

ところが驚かそうとした肝心の嫁さんといえば、
その日は夜、珍しく友達と外で食事をすることになっていて
食べずじまいであった。

第四作目





                       【酒の肴 -男の料理 目次-











スポンサーサイト

テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:03  |  酒の肴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.04.11 (Fri)

【酒の肴 - 男の料理 - 】 牛すじの煮込み<第三作目>

第三作目 「牛すじの煮込み」と「豆腐ステーキ」             2008.04.7


花冷えとはよく言ったもので、朝から冷たい雨が一日中降っている。
定年後否応なしにはまってしまった、パソコンのソフト開発も一段落し
昼からボーっと時間を過ごしている。

ようやく定年後多くの人が陥る、

「さて何をしようか」

という状態である。

一応、定年前には定年後の生活スタイルを色々計画していたが、
上記のパソコンソフト開発で、約3ヶ月遅れで所謂”定年生活”が始まったのである。


定年前までは、あれもこれもと考えていたが
この、”あれもこれも”という考えは、やはり仕事をしている時の発想である。

何か予定がないと不安だとは、よくものの本に書かれてあったが
自分はその通りにはならない、いやなりたくないと思っていたが、
やはり何十年と身に付いたものはそう簡単に抜けきらない。

こんなのでいいのかな。
定年前に考えていたことをやらなければ。


定年後旦那は家で奥さんは外出、
というこれもよくあるパターンの典型で、
嫁さんもご多分にもれず家にいない。

ましてや一日中雨である。


とにかく、何かをしなければならないという、
この自らに課すプレッシャーだけは早く取り除かないと
せっかくの”定年生活”はつらくなるだけだ。

そう思って気を取りなおす。

それにしても、何をしようかな。
あっ、いかんいかん。

の繰り返しだ。

結局、プレッシャーに”負け”て、
「酒の肴」作りの第三作目に挑戦することになった。

前作は、賞味期限間近のあさりを使ったのと塩の入れ過ぎで
失敗作と認めざるを得ない。

教訓、
素材は選べ。
塩加減は重要だが、入れ過ぎは味の修復が不可能で厳禁。

今回もまた料理を作るためにわざわざ買い出しに行く。

料理本のレシピにないものがいくつかある。
素材そのものは、豆腐と牛スジとネギしょうがくらいだから大した額ではない。

しかし調味料で家にないものがあるのでそれを買ったら材料費の倍の値段になった。

安いサラリーでもやりくりして毎日の食事を作る主婦はやはり大したものだ。

私は、レシピに書いてある、料理酒は使わないようにとの指示に従い、
なんと自分が飲む”純米吟醸酒”を惜しげもなく料理の味付けに注ぎ込む。

いつか、料理酒と”純米吟醸酒”による味の違いを確認してみたいものだ。
本当に、そんな違いがわかるような日が来るのかはなはだ自信がないけど。

今回の「牛すじの煮込み」や「豆腐のステーキ」は生意気にも
そう簡単に嫁さんが作れるものではないものを選んだ。

材料の問題ではなく、作るのに時間がかかるのである。
主婦の料理は、あるものを手短に、が基本である。

新婚さんならいざしらず、定年を迎え、
旦那は家で、嫁さんは外出で忙しい間柄である。

そこで時間をかけて作る”男の料理”の価値が増すはずと思った。
何せ時間だけはたっぷりある。

1年365日、何十年も食事の準備をし、
外食などで食事を作らなくてもすむのが至福の喜びというほど
食事作りには厭いている主婦たちである。

時間がかかる料理などは、避けて通りたいのが本音であろう。


「牛すじの煮込み」はレシピによれば煮込むのに約1時間。
「豆腐のステーキ」も豆腐の上に重石代わりのものを置いて
30分は水抜きをしろという。

こうして”手間”だけはかけて作った第三作目は、
第一作目の「金目の煮付け」よりは評価が落ちるが
第二作目の「ピリ辛こんにゃく」や「豆腐とあさりの煮やっこ」よりは
好評であった。

料理に使った純米吟醸酒に会う「酒の肴」になったと自画自賛するが
嫁さんの評価はどうであろうか。

将来楽をしたいためであろう、

「おいしいね」

は、割り引いて聞かねばならない。



第三作目







                       【酒の肴 -男の料理 目次-







テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:08  |  酒の肴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.04.08 (Tue)

【酒の肴 - 男の料理 - 】 ピリ辛こんにゃく

第二作目 「ピリ辛こんにゃく」と「豆腐とあさりの煮やっこ」      2008.04.3


思いがけなく、第一作目の金目の煮付けは好評だった。
それに気を良くしたという意味ではないが、
料理をしている間がなんとなく楽しかったので第二作目に挑戦。

第二作目も、「酒と肴」(男の料理マニュアル)を見ていて、
こんな肴で酒を飲みたいと思った次第。

いや、正確に言うと、これならまた簡単に作れるれ、
家族からの再度の評判を得たいという下心があったことは事実。

今回も失敗を恐れ、嫁さんには通常通り食事の用意を頼んでおく。


おとこの料理は、あるもので作る主婦のおかず料理とは違い、
作りたい物を作るため、どうしても材料からの仕入れとなる。

今回は、こんにゃくと豆腐。
どちらにしても、失敗しても被害は少ないので安心だ。

それにしても、いざ材料のこんにゃくや豆腐を選ぶ段になり、
ここでも男の見栄がでるから情けない。

こんにゃくも豆腐も、他のものより2倍の値段がするものを選ぶ。
料理の仕方が悪くても、材料の良さでカバーしようというスケベ根性だ。
2倍するといっても知れている。

主婦が外食や旅行が好きなのは、日頃の食事作りから解放されたい
という気持ちがベースにある。

こんにゃくや豆腐が、他の陳列してあるものより2倍するといっても
外食や旅行の費用と比べれば何ほどのことでもない。

言いたかったことは、おとこの見栄がどうしてこんなところにでも
はたらくのかなと思った次第である。

嫁さんにしてみれば、そのうち私が料理の腕をあげれば、
こんにゃくや豆腐の値段が3倍でも5倍でも文句を言わずに
「手抜き」ができるほうを喜ぶに違いない。


こうも能書きが多いのは、第二作目の料理は、
マニュアル本通り、そう手間がかからず出来たので
余り料理の「工程」で話すイベントがないせいなのだ。

二作目の結果はというと、
せっかくこんにゃくや豆腐を「高級品」を選んだのに
「豆腐とあさりの煮やっこ」 で使うあさりが良くなかった。

スーパではそれしかなかったのだからと言い訳するが
50%OFFの商品を買ったのだ。

50%OFFというのは、要するに売れ残りか賞味期限
真近な商品ということである。

わかってはいたが、それしかない。

出された完成品にはあさりが盛り付けられていない。

「豆腐とあさりの煮やっこ」が「賞味期限切れ真近なあさりの
嫌な匂いが付いただけの豆腐の煮やっこ」になったのだ。

「高級なこんにゃく」も「高級」過ぎで芋独特の匂いが
強すぎて、美味しいと言う食感より変わった味がするものになった。

やはり見栄を張ってろくなことはない。


第二作目目



今回の家族の評判は、美味しいともまずいとも言わず、
豆腐もこんにゃくも残されていたのが全てを語っていた。











                       【酒の肴 -男の料理 目次-



テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

EDIT  |  15:08  |  酒の肴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.09 (Sun)

【酒の肴 - 男の料理 - 】 金目の煮付け

第一作目 「金目の煮付け」 2008.03.08


定年後、もてあますだろう時間をどう使うか。

嫁さんは、元気な間は働けと言い続けていた。
30数年、昼間は自分の考えで時間を使ってきた生活が
旦那が家にいるようになるとそういかなくなるからであろう。

幸いなことに、子供達も経済的には独立し、
定年後は二人だけ食べていけばよい。

持論ではあるが、
夫婦二人が共に元気なのは60歳台。

その間の10年を仕事を変えたとしても、
これまでのような競争社会の中での経済活動に時間を過ごすより
夫婦で時間を共有したり、非経済活動に時間を使いたいと考えている。

と、偉そうなことを言ってはいるが、
ようするに、経営者と従業員という関係の中に身を置きたくないだけだ。

具体的に、何をするのか。
定年前には、色々考えてはいたが
その中の一つに、
料理をする!
と、嫁さんや子供たちに宣言していた。

定年後も何やかややることがあり、
今日ふと、きんきの煮付けを作ろうと思い立った。

嫁さんとその母親が二人とも出かけたため、その間に”練習”をしようと。
早速、インターネットでレシピを探す。

これなら、材料さえ用意すれば簡単にできそうだと納得。

これまでも、家族のものに料理をすると宣言してからは、
インターネットや近くのカルチャースクールで料理教室の情報を収集していた。

どこかしっくりこない。

衛生のためとは言え、エプロンに三角巾・・・何かお仕着せで面白みがない。
ほとんど料理教室が1ヶ月に1回程度のレクチャーでそれなりの受講料を取る。

それならばと、先日雇用保険申請時にハローワークで見つけた
日本料理店で従業員募集があったので
思い切って働かせてもらえないか聞いてみた。

未経験で定年後の素人に料理を教えるほどその店も甘くはない。
当然のことながら不採用。

色々頭で考え、時間が過ぎて行ったが、
今日、本当にふと、きんきの煮付けを作って
それを肴に美味しい日本酒を飲もうと思いついた。

買い物に出る。
レシピを読むかぎり、材料は知れている。

幸いなことに、近くには鮮魚を扱う大型店が何店かある。
最初の店に行って店頭に並べられた魚を見る。

きんきという魚はどんな魚だ?
店先に並んでいる魚でそれらしいのは金目鯛だ。

きんきと金目は同じ魚?

どうも違う気がしてもう一軒のお店に。
ここでもあったのは金目鯛できんきが無い。

まあ、金目鯛の煮付けでもいいかと方針変更。
魚の違いがわからないのだから、
味の違いがわかるはずもない。

レシピに書かれてあった残りの材料も仕入れる。
残りの材料といってもごぼうとしょうがとお酒くらいだ。

男の料理は金がかかると言われるがなるほどと思う。
ようするに、冷蔵庫の中のあるもので作らずに
作りたい物の材料を買ってしまうからだろう。

買い物袋を片手に、別の売り場に。
料理をするには、道具を揃えなければと
また、頭でっかちの性格がでる。

この金目鯛の煮付けをするには、
大きな鍋がいるのでは。
いや、これから魚料理をするとしたら
刺身包丁と出刃包丁もいるな。

料理をすると宣言してから、
何度か嫁さんとこれらの“道具”を見て回るが
その都度嫁さんに、家にあるものでやったらといなされる。

嫁さんはさすがによく見ている。
二人だけの食事をするのに、大きな鍋なんか邪魔になる。
それどころか、本当に料理をするのか疑っている。

先日も、魚はガスコンロで焼くより炭火で焼くほうが旨い、
と言って買ってきた七輪もまだ包装紙が包まれたままだ。

売場の前で、嫁さんの顔が浮かぶ。
今日は、まず家にある道具でやってみよう。

てくてくと、買い物袋を提げて家に帰る。

家に帰ると、もう嫁さんと義母が帰宅しているではないか。
なんだ、二人がいない間に準備をしようと思っていたのに。

材料をさっと冷蔵庫にしまってまう。

夕食を作る時間になりかけたころ嫁さんから

「煮付けは私が作るの」

と、私の言動不一致を懸念する一言が。

ついに行動しなければならないところまでに追いつめられる・・・。
そんな大げさなものではないが、重い腰をあげてリビングに降りていく。

何と、テーブルの上には、ランチョンマットを通り越して
年に何回しか使うことのない、漆器のお盆が出されているではないか。

「おい、失敗するかもしれないから、お前もいつものように夕食を作るよう」

と、プレッシャーを感じながら台所に立つ。
幸いなことに、家には二か所の台所がある。
本当は嫁さんの助けを受けながらやったほうがいいのにきまっているが
それも面白くない、というか照れくさい。

最初の料理は、嫁さんにみられずレシピと格闘することに。

ただし、格闘といっても煮付けではそんな場面が出てこない。
レシピ通りに淡々と作業をこなす。

どんな味になるのかわからないが、初めての割には意外に面白い。

嫁さんや義母が待つこと50分ばかり、
いや、漆器のお盆と日本酒のおちょこが
主役の金目の煮付けを今や遅しと待ち構えている。

しずしずと、お皿に盛られた金目鯛の煮付けが登場。

「どんな味なのかわからないけど、とりあえずは第一作目だな」

私も、盛んに失敗のときのためにフォローを始める。

最初に私が箸をつける。

「うんっ?!」

もうひと箸。

「いける、なかなか旨い。はやく食べてみたら!」

不安が、にやりと笑顔に変わる。

「有難いことだね、長生きするもんだね」

義母も掛け値なしに褒めてくれる。

あとは、自分の”作品”に舌鼓を打ちながらお猪口を何度も傾ける。











                       【酒の肴 -男の料理 目次-





テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:19  |  酒の肴  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。