2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.20 (Tue)

【都筑の風】 古民家

古民家@都筑の風                     2008.05.19


「港北NT」地区にはいくつかの古い民家がある。

ひとつは、センター北駅近く、大塚・歳勝土遺跡公園内にある「都筑民家園」、
ひとつは、仲町台駅近くのせせらぎ公園内にある「古民家」、
最後には、中原街道の茅ヶ崎中学入口交差点近くにある「関家」
である。



「都筑民家園」は近くの牛久保村(現在の都筑区牛久保町)にあった
江戸時代の民家を移築したものらしい。
センター北駅から歩いて数分という地の利ではあるが、
週末でも意外に訪れる人が少ない穴場の一つである。

センター北駅のショッピングセンター「ノースポート」で
買い物疲れをしたあと、ここに立ち寄れば、
そのギャップの大きさにに驚くに違いない。

なにせ一方は昨年オープンしたばかりの近代的な建物。
片方が、弥生時代の古墳がある自然豊かな公園内の江戸時代の建物。
それがわずか徒歩で数分の移動で
何千年何百年の時間移動と異空間移動を体験できるのだからすごい。

都筑民家園1


民家自身は、重厚だが質素な作りで、特に目を引くものはないが
縁側に座りぼーっとひと時を過ごすのにはそれで十分だ。
磨かれた板の間に飾られた一輪の花が心を洗ってくれる。

都筑民家園3



入口の門の脇に、黄色と紫のあやめが植えられ
ちょうど綺麗な花を咲かせていた。

思わずたちどまり、カメラをむけたが、
のんびり休んだ後の気持ちの表れか、
あやめもその美しさを素直にカメラに収まってくれた。


都筑民家園5



都筑民家園4




せせらぎ公園内にある「古民家」は、「都筑民家園」と異なり
いつも人が訪れにぎわている。
週末ともなると、観光地並みの混雑になる。

「都筑民家園」と「古民家」の差は、
ひとつはそこに行くまでのアプローチの違いと、
いまひとつは、民家のある景観の違いにあると思っている。

「都筑民家園」のほうは、センター北駅から徒歩数分といっても
そこに行くまでに阪急やノースポートといった、
現代人にとって誘惑施設がある。
そのうえ、歴史通りと呼ばれる広い道路を渡って行かねばならない。

一方、「古民家」のほうは、最寄り駅である仲町台駅周辺には、
これといった現代人を足止めさせるような商業施設はなく、
仲町台駅を降りてすぐそばの緑豊かな緑道に自然と足が向いてしまう。

その緑道をのんびり歩いて数分、せせらぎ公園の広い池が目に飛び込んでくる。

古民家1


ここも「都筑民家園」とは違った安らぎがある。
その大きな要因のひとつは、その景観のバランスの良さにあると思っている。

ゆったりとした池の向こうに見える「古民家」、
それをベンチに座って眺めるお年寄りやカップル。

春には、公園内の桜が一斉に咲き春爛漫の様相を呈する。

いまは、池の蓮やあやめの花が訪れる人たちの目を楽しませてくれる。

古民家3


古民家4


「古民家」自身は、これも江戸時代の民家を移築したもので
地の利を生かして時々は、琴の演奏などの催物が開かれる。

建物の裏手では、定年後の人達が集まり竹の炭焼きを試みているとのこと。



最後の、「関家」は前の二つとは異なり、
今もそこに暮らす人がいる関係で、一般公開はされていない。

関家2


年に1回は公開されるとのことだが、
私自身もまだその機会に恵まれず、
玄関の門からそーっと中をかいまみるだけである。


関家4



国の重要文化財ということなので、
ぜひ一度は建物の中を見てみたいものだ。


先日、毎月参加している茅ヶ崎公園の「公園愛護会」のボランティア活動で
この公園一帯も含め、「関家」の持ち山だったと聞いて驚いた。

とてつもない大地主だったのだろう。
何せ、新武蔵風土記に一帯の地主として名が残されているくらいだから。

関家1




                            【都筑の風】目次








スポンサーサイト

テーマ : 横浜市都筑区港北ニュータウン ジャンル : 地域情報

EDIT  |  11:45  |  都筑の風  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

こんばんは。
せせらぎ公園の白とピンクの睡蓮がどの睡蓮かなんとなく想像できます。きっと同じ場所をうろちょろしているか、どこかですれ違いながら緑道を楽しんでいるのでしょうね。お互い近くにいい場所があってよかったですね。
aoaka0717 |  2008.05.24(土) 00:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。