2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.30 (Sat)

【都筑の風】 こじゃれた街

こじゃれた街@都筑の風            2008.08.30



色々あった北京オリンピックも終わり、
私も平穏(?)な「サンデー毎日」状態に戻りました。

また毎日の大雨で大変な被害がでた地域の皆様にお見舞い申し上げます。




ところで、今回のタイトル、「こじゃれた」という言葉は、
「小(少し)洒落た」という意味ではないそうで、「ふざける」という意味だそうですが、
ここでは間違った使い方のほうで使用します。


「港北ニュータウン(NT)」は地下鉄のセンター南駅とセンター北駅に、
行政施設や大型ショッピングセンター等多くのお店が出店し人々で賑わっている。


それはその通りだが、個人的には大勢の人で賑わっている両駅周辺より、
これから紹介する「仲町台駅」周辺のほうが気に入っている。


駅の周りには居酒屋や小さなお店が少しあるだけで他は何もない。
この駅を公共機関の足として利用する人達の「生活」のための駅だ。


それが何で「こじゃれた街」と感じるのだろうか。


「港北NT」の顔としてのセンター南駅・センター北駅周辺は、
このブログでも紹介したが私には「無機的な街」として映るが
「仲町台駅」周辺は実に巧みに「都筑の森」と同化している。


駅のすぐそばを、緑道のひとつ「せきれいのみち」が通っている。
その緑道が駅の近くで緑の広場になり、
親子連れが買い物の前に遊びに興じている。

緑道をほんの少し歩けば、「せせらぎ公園」の豊かな自然の中で、
お年寄りがベンチでゆったりとした時間を過ごし、
子供達はザリガニ捕りに夢中になっている。

そう、「仲町台駅」は地下鉄の駅であると同時に「都筑の森」への最寄駅なのだ。


こんな豊かな自然と同化した環境を利用しない手はない。

緑道を「借景」とした「小洒落」た店で人々は豊かな時を過ごす。




こじゃれた街8
     (H1CAFE)




こじゃれた街1
     (H1CAFE)



こじゃれた街6
     (アンジャヴィラ)




こじゃれた街2
     (Park Side Cafe)




こじゃれた街3
     (Park Side Cafe)




こじゃれた街5
     (グローブ)




こじゃれた街4
     (ピアット・デルジョルノ )






                                   【都筑の風】目次







スポンサーサイト

テーマ : 横浜市都筑区港北ニュータウン ジャンル : 地域情報

EDIT  |  16:22  |  都筑の風  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■こんにちは。

仲町台はいいですよね。
あたしも大好きです。
緑が多いし、美味しいものもいっぱいあるし。
Ca |  2008.08.31(日) 01:08 |  URL |  【コメント編集】

確かに「こじゃれた」という言葉が似合う町ですね。これから秋の夜長の季節は夜のお店のライトアップを眺めながらの緑道散歩もいいでしょうね。足元から虫の演奏も聴こえて来ます。
ステージ |  2008.08.31(日) 22:15 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。