2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.01 (Wed)

【温泉雑記】 1325湯目 加賀井温泉

 
                                 2008.09.23入湯
 
 
久しぶりの温泉巡りだ!

田舎への往復のついでに立ち寄る温泉ではなく、
純粋に入湯ポイントを稼ぐための旅としては1年振りだ。

こんな状態では、「温泉巡りが趣味です」とは言いにくくなった。

昔連休のたびに全国あちこちと車で走りまわり、
年間で282ヵ所の温泉に入った頃と比べれば、
確かに出不精になったことはゆがめない。

このブログでも紹介している、
「都筑の森」の豊かな自然に囲まれているせいか
ストレス解消のためどこかに行きたい、という意欲が減ってきた。

というより、「サンデー毎日」状態になったため、
いつでも遊びに行けるということになり、
かえって出不精になったのかもしれない。


今回、最初に目指した加賀井温泉一陽館は、
長野ICの近くにあり、田舎に帰る途中のICなのだが、
中々途中に立ち寄ることが出来なかった。


この温泉は、今回の温泉巡りのメインで、
温泉ファンなら知る人ぞ知る、という有名な温泉だ。


長野ICを降り10分たらずで目的地に着いた。
秋晴れの澄んだ青空のもと、
コスモスの花を従えた一陽館の看板が出迎えてくれる。


加賀井温泉1



はやる気持ちを抑え、旅館のほうに歩く。
旅館と言っても、なんとも時代がかった建物で、
余程温泉好きでない限り訪れるような代物ではない。


加賀井温泉2


でも、温泉ファンにしてみれば、
逆に「鄙びた」という、一級の賛辞が与えられるのだから面白い。


加賀井温泉3



入浴料を払おうと、宿の人に声をかける。

「そこに、お金を置いとけばいいんだよ、ここは初めてか」

と、私の返事を待つこともなく、

「こっちにおいで」

と、宿の雰囲気とは違ってちゃんとした身なりのおじさんが
私を浴舎のほうに「強制的」に案内する。

源泉が出ている所で、臭いを嗅げ、手を入れてみろ、
と、我が子を自慢するように温泉の効能をまくしたてる。


加賀井温泉7



加賀井温泉10



でも、浴槽に惜しげもなくあふれ出ている黄土色の温泉と、
そこに浸かっている人達の穏やかな顔を見れば、
そのおじさんの温泉自慢も説得力がある。

加賀井温泉8


おじさんの「軟禁」状態から解放された私は、
一目散に内湯と一緒になった脱衣所で服を脱ぎ、
まずは「鄙びた浴槽に飛びこむ」。


加賀井温泉5



何が幸せかと言って、この最初に温泉につかった時の
ジワーッと身体にしみこんでくる、大地から湧き出る温泉の温かさだ。

本来なら、この内湯だけでも、満足なのだが、
先ほど見たあの「超鄙びた」露天風呂が気になる。

急いで内湯からあがり、タオルを腰に巻いただけの裸で
露天風呂のほうに「疾走」する。


コンクリーむき出しの浴槽が、
温泉成分のカルシュームで覆い尽くされなめらjかになっている。


加賀井温泉9



実に肌に優しい温泉だ。
しかもぬる湯と来ている。

京極夏彦の分厚い文庫本を読みながら悠然と浸かる若者。
坐骨神経痛をこの温泉で直したという壮年の人。

足腰が悪いと言って、浴槽に入るのもつらそうなお爺さん。

そう、この加賀井温泉一陽館は、
私のような蓮っ葉な温泉ファンだけが憧れる温泉ではないのである。

病院で見放された身体のどこかしこが悪い人たちが、
この温泉の効能を信じてやってくる大切な湯治場なのだ。


それほど貴重な温泉があるのならば、
この「時代がかった旅館」を立て直してお客を呼べば繁盛するのに、
と一瞬頭をかすめる。

しかし、すぐにこれでいいのだ、この湯治場なればjこそ
お金をかけずに身体の悪いところを直せるのだ。

まさに庶民の宝としての湯治場を残しているこの宿のオーナに感謝だ。

聞けば、先ほどとうとうとこの温泉の効能をまくしたてた人がオーナらしい。

「金儲け」より「人助け」

身体も温まるが心も温まる得難い温泉だ!







スポンサーサイト

テーマ : 温泉 ジャンル : 旅行

EDIT  |  09:09  |  温泉雑記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■はじめまして

はじめまして
いいブログですね^^

最近退屈な日々にリセットしたよ


みよちゃん |  2008.10.01(水) 11:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。