2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.23 (Thu)

【温泉雑記】 1328湯目 ほたる温泉

 
 
                                  2008.09.24入湯
                     (早く残りの入湯温泉もUPしないともう1ヶ月も経ってしまう・・・)




高山村はもう秋の空。
段々畑の稲穂はこうべを垂れ、いまや遅しと稲刈りを待つ。


ほたる温泉1


私の生まれは富山県なので段々畑とは違い、
見渡す限り広がる黄金色の田んぼの景色は人の心を豊かにする。

都会に出てもう半世紀になるが、
雪景色とこの黄金色の稲穂の風景は、私の原風景として記憶されており、
こうして田舎で似たような景色を見るたびに胸の奥が小さな波風をたてる。



高山村を後にして、次の目的地「ほたる温泉」のある、
一大観光地志賀高原に車を走らせる。

澄み切った青空。
窓を全開にして、都会では味わえない美味しい空気を味わう。

平日なので、一大観光地にも関わらず、
ほとんど人出がない。

「サンデー毎日」状態になった者たちの特権だ。


志賀高原一帯の温泉も、五色温泉入湯した同じ時期に制覇している。

今回訪れた「ほたる温泉」はその頃はなかったはずだ。

直ぐ近くの木戸池温や熊の湯温泉には当然入湯しているし、
ましてや国道292沿いの志賀プリンスホテルにある温泉、
温泉巡りを始めたばかりで、入湯温泉数を稼ぎたいため素通りするはずがない。


ほたる温泉2
     (木戸池)


志賀プリンスホテルのHPに掲載の「ほたる温泉発掘秘話」によれば、
先代の社長が夢枕に現れ発掘場所を指定。
そこを掘ったところ平成三年に温泉が湧き出たしたとか。

国道沿いのホテルを少し下がった「平床大噴泉」として
公園になっているところが発掘現場だそうだ。


いずれにしても、新しい未入湯の温泉だ。
しかも、上記のような夢枕物語から掘りあてられた温泉、
多くの人に入浴してもらいたいとのことで、
ホテルの敷地内に無料の「長寿之湯」として解放してある。

この温泉に入るのがここ志賀高原に来た目的だ。

私の温泉巡りは、他人から見ると理解しにくいことだが、
観光はそっちのけで温泉に入ることだけが目的の旅になっていることだ。

そのためか、家族の同行はなくもっぱら一人旅になる。


目的の、「長寿之湯」は本当に志賀プリンスホテル(別館)のすぐわきにあった。

インターネットで調べた雰囲気では、
もう少し広い敷地内の奥まった所にあると思っていたので、
近くで仕事をしていた人に場所を聞いて、後ろだよと言われ驚くしまつ。


ほたる温泉3



よく見れば、ホテルの外壁のすぐ横に板で囲った小屋風の建物に
「長寿之湯」の看板が掛けられている。



ほたる温泉4



礼を言って早速小屋の中に入る。

2坪ほどの空間に、脱衣所と大きめのポリバスがあるだけの「湯小屋」である。
透明な温泉が、少し湯垢のついたポリバスの湯船にあふれている。


ほたる温泉5


ホテルの外壁の脇だが、
小屋の中に入ってしまえば、もうそこは別空間。

一気に「素朴」な温泉と感じてしまうのだからおかしい。
手を入れるととんでもなく熱い。

誰もいないので少し水で薄める。

しばらく「素朴」さと熱さを身体で体感していると、
他のお客が入ってきた。

「ここは土足ではない、常識がないのか」

と一括される。

脱衣する床に靴を脱いでいたのである。
確かに言われれば、靴を脱ぐ狭い土間がある。

弁解することもできず謝る。

熱い湯に浸かりながら、一言話しかけたが返事がない。
体感温度以上に「熱い温泉」となった。







スポンサーサイト

テーマ : 温泉 ジャンル : 旅行

EDIT  |  09:30  |  温泉雑記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

う~ん、難しい対応ですね。人間は考えて見ると、『つい、うっかり』の生物なのに、その後の対応次第で、熱い湯に為ってしまいますね。注意した方も、された方も、無口でそっぽを向き合ってしまったら、居ずらいだけ・・・相手の表情に悪意が無ければ、言葉を繋げば、如何って事無いで済むのに・・・
アガタ・リョウ |  2008.10.24(金) 17:27 |  URL |  【コメント編集】

アガタ・リュウさん

有難うございます。

ひょっとして、注意された方も、熱いお湯だったので
神経がそちらに行っていて、私の言葉が聞こえ
なかったのかも知れません。


基本的には、アガタ・リュウさんのおっしゃられるように、
言葉を繋げば、何せ裸の付き合いなので。


                            都筑の風
都筑の風@横浜 |  2008.10.24(金) 17:50 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは。
コメントありがとございました。

僕も以前、山梨の共同湯でローカルルールがわからず
気まずい思いをしたな~

言葉を繋げば・・・

簡単なようで難しい。

温泉行ったら書くブログ@柳 |  2008.10.25(土) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。