2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.03.31 (Tue)

【都筑の風】 梅が谷戸



梅が谷戸@都筑の風          2009.03.31




月に一度、茅ヶ崎公園愛護会の活動がある。
落ち葉を拾ったり、里山の間伐をしたり、雑草をとったり
公園の維持管理に皆で汗をかく。

そんな活動の中の一環として、今年度横浜市の「まち普請事業」に応募し
審査が通り助成金を得て取り組んだ活動がある。

茅ヶ崎公園内の「梅が谷戸」に日本庭園(風)を作ろうというものだ。


この都筑に転居して、東方農業専用地区を歩いていた時、
地図に「○○谷戸(やと)」と付いた地名がやたら目に付いた。

何ヵ所か「谷戸」と記された所まで行ってみたが、
特別何かがあるわけでもなく、何軒かの農家があるだけなので
最初は、集落を意味する言葉と思っていた。


それが、街の中の交差点の名前にもなっていたり、
公園の中の地名にもなっていたりしていたのでWEBで調べたところ、
「丘陵地が長い時間をかけて浸食され形成された谷状の地形」
とあり、神奈川県や多摩地方でよく使われることが分かった。


「梅が谷戸」も確かに茅ヶ崎公園内で、
周囲から落ち込んだ窪地の様相を呈しているところだ。



梅ヶ谷戸1



「今日は、ソーラパネルを取り付けます」

愛護会の会長の説明で、集まった皆がぞろぞろと持ち場に移動する。


梅が谷戸2


得られた助成金内でやりとげるということもさることながら、
地域の人達が参加して作り上げるということのほうが大切な「まち普請事業」だ。


「スゲー水が出る」
「汚い水じゃん」
「わたしにもやらせて」

手押しで汲み上げる井戸なんて見たこともない子供達。
目を輝かせて井戸の周りに群がる。


梅が谷戸3


ある活動日には、池の水漏れのためのコンクリート塗りをしたり、
別の日には、土砂が崩れてくるのを防止するための植樹をしたり、
井戸掘りの作業やベンチの設置をしたり、


梅が谷戸5


何回にもおよぶ作業で、少しづつ庭園らしくなってくる。

「そっちを持って」
「ビスが入らない」
「先にパネルを取り付けてから載せたら」
「気をつけて、重いよ」

大人達も声が弾む。
なにせ皆素人の集まりだ。


梅が谷戸6   梅が谷戸7


疲れて一休みしている人がいても誰もとがめない。
何時までにこれをやり遂げなければならないという時間の制約もない。
あれをやれ、これをしろという指示もない。
ゆっくり作業をする人もいれば、必死に汗をかいて力仕事をこなす人もいる。

歳を取った人も子供達も、男性も女性も、
皆がそれぞれにできることを行う。

まず企業社会では考えられないことだが、
それでもちゃんと庭園が出来上がっていく。


大人達に交じって泥んこになって手を動かす子供達。
お年寄りと話しながら植栽をするヤングママ。
この地で育った地元の人から昔話を聞く転居してきた人達。
ベビーカーに子供を乗せ夫婦交替で皆と作業するドイツ人。


そう、出来上がっていくのは庭園ばかりではない。
都会で忘れ去られている「村社会」がそこに出来ている。


そんな「村人」の手作りの庭園を見ながら、
散歩に来た人が、出来たてのベンチに座ってほっと息をつく。




梅ヶ谷戸8


「梅が谷戸源流庭園」と名付けられた「おらが庭園」は、
これから春夏秋冬、訪れる人々の憩いの場になるに違いない。



                                   【都筑の風】目次






スポンサーサイト

テーマ : 横浜市都筑区港北ニュータウン ジャンル : 地域情報

EDIT  |  07:30  |  都筑の風  |  TB(0)  |  CM(10)  |  Top↑

*Comment

何だかほんわかしますね。
商業目的ではない自分達の誰かの為の作業。
手と身体を存分に動かし、自分のやれることをやることの大切さ。
土の匂いを感じながら互いに助け合うのって、今人々に必要なことかもしれません。
素敵な活動ですね。
サラーム |  2009.03.31(火) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

サラーム さん

こんにちは!
都筑区の多くの公園や緑道には、我々と同様な、
公園愛護会や緑道愛護会が百数十団体あり、
それぞれ活動をしています。
そんなみんなの無償の活動でこれだけ豊かな
自然が維持されているのだと思うと頭が下がります。

それでも、十数万人の人口の都筑区、多くの住民が、
この自然を享受しているのですが、参加者は、
一愛護会で平均10名から20名。
まだまだ考えさせられますが・・・

  都筑の風@横浜



都筑の風@横浜 |  2009.03.31(火) 20:09 |  URL |  【コメント編集】

知らない人達が集まって一つの作業に没頭できるなんて
凄いです! 今は誰かがやってくれるから 自分は関係ないや
そんな人が増えてるのに!
私の実家は野焼きがあったり祭りがあったり もし参加しなかったら
村八分になりますv-290
ウララおかん |  2009.03.31(火) 21:37 |  URL |  【コメント編集】

ウララおかん  さん

こんな豊かな自然に囲まれていて、「サンデー毎日」状態の
私としては、何の抵抗もなく活動に参加できました。
でも、仕事を持った人たちにとって、月に1回の活動もやはり
厳しいのか、集まる人たちはやはり年配者が多いです。

この種の活動は、やらねばならないと思うと、続かないそうです。

「村八分」都会では絶対に聞かれない言葉ですが、
やはり、地元社会の活動を続けるのは、それも必要なのでしょうね。

   都筑の風@横浜


都筑の風@横浜 |  2009.04.01(水) 09:03 |  URL |  【コメント編集】

■好きです。

こういう活動は人見知りの激しい私でも嫌いじゃありません。
(でも進んで参加できるほうでもないですが。。。)

自身がやれることをやる。そしてひとつのことを完成させる。
そうする事によって自然とお互いがお互いの苦手分野を補うという
形ができてきますよね。

>誰もとがめない

そこが大切だと思います。
とがめるだけでは「憎」は生まれても良い部分は生まれないと思います。
イーグルmama |  2009.04.01(水) 09:21 |  URL |  【コメント編集】

イーグルmama さん

こんにちは!
ボランティア活動なんて自分にはまず縁がないと思っていたのに。
この都筑に転居してから、直ぐに参加しました。
この豊かな自然を残すのに少しでも役立てばと。
本当に自分でも不思議な気持ちです。

おかげで、定年前に参加していたので、その後も自然に
地域の皆さんと話す機会も持て、企業人から社会人への
脱皮もスムーズにできました。感謝しています。

この朱の活動に、強制とか命令はありえず、
皆の「やりたい」気持ちが一番大切にするものです。

会社人間だった私には実に新鮮です。

   都筑の風@横浜

都筑の風@横浜 |  2009.04.01(水) 21:14 |  URL |  【コメント編集】

いやいやじゃなくて、
進んで参加できる街づくりですね。
素人の集まりだから、わきあいあいとできるのでしょうね。
子供たちも自分の街に愛着もわくし、
いろんなことを教えてもらえて、
情緒豊かな人間に成長しそうです。
子育ての一環としてもすばらしい活動ですね。
玉ねぎアレルギー |  2009.04.01(水) 23:35 |  URL |  【コメント編集】

玉ねぎアレルギー さん


あるヤングママさんは、結構な頻度で子供を連れて参加しておられます。
この都筑の自然は、我々の代ではなく、子供や孫の代に引き継いでいく
もの。一番良いのはこうした活動に子供に参加してもらい、自然と
自然の大切さを体感してもらい、自分たちのふるさととして愛着をもって
もらうことと思っています。個人的にはこの朱の活動に子供が参加できる
楽しみを盛り込めたらと考えています。

  都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2009.04.02(木) 08:45 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

谷戸・・いい響きですね。
20年前、池辺(当時は緑区)に引っ越したころ、
子供の避難訓練の引き取りに行ったら、
「谷戸ごとに集まって!」と言われ、意味がわからず、困惑したことがありました。
今では、谷戸なんて、世界標準語ですけどねv-221

ところで、最近お目汚ししてたら、すみません。
決して、怪しいものではないので・・(^^);
赤かぶ |  2009.04.04(土) 19:49 |  URL |  【コメント編集】

赤かぶ さん


始めまして。
都筑フードネットのタイトルでブログ開設、
都筑区に住んでおられないとありますが、
また都筑の良さを色々教えてください。

  都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2009.04.05(日) 13:25 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。