2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.01.30 (Sat)

【その他】 天の声

 
 
 
突如、また”天の声”が下った。


朝食を食べ終え、お茶を飲みながら新聞を読み終え、
日課のパソコンいじりに部屋に向かおうとしたときである。


「箱根駅伝ってどこを通っているのか、いまいちよくわからないの」


義母のこの一声で、急遽、箱根駅伝のコースをたどることになった。

前回の天の声”水仙ロード”の場合は、
事前に嫁さんが行きたいと言っていたので下調べは済んでいたため、
準備に時間はかからなかったが今回はそうはいかない。


急いで箱根駅伝のコースの調査である。
日課のパソコンいじりのようなのんびりムードでというわけにはいかない。

バタバタとGoogleで箱根駅伝のルートと各中継所の場所を詳しく調べ上げる。


「もう、おばあちゃん、用意できたわよ」


嫁さんの督促の声が響く。
いつもならば、用意が遅いのは嫁さんと決まっているのだが、
今回ばかりは私が最後になった。

つくねは、当然ながら、お出かけモード全開で尻尾を振り玄関で走り回っている。


何とか、調べが終わり車のエンジンを掛ける。


「おばあちゃん、鶴見辺りからで良いでしょう」

「いいえ、富士屋ホテルの先からが良くわからないの」


なんだ、箱根の中なら何も調べる事はなかったのに、
と、文句を言ってはならない、何せ”天の声”である。

こうして、暖かな一日、また”3姫”のお伴を仰せつかってのドライブとなった。


箱根は、温泉に泊まりに行ったり、紅葉狩りをしたり、美術館に行ったりと
これまで何回となく義母を連れてドライブに行っている。

しかし、今回は「箱根駅伝コース巡り」である。
こんな目的での箱根路をドライブするのは初めてである。
何せ箱根駅伝のコースを走るだけでよいのだから気が楽だ。


家の近くの横浜青葉ICから高速に乗り厚木自動車道路に入る。


「かまぼこの鈴廣の近くは通るの?」


やはり女性達とのドライブは、臨機応変の備えが肝心。


「大丈夫、寄っていけるよ」


かまぼこの鈴廣は小田原中継所でもあるから
今回の箱根駅伝コース巡りのスタート地点としては最適である。

ただ、彼女らの目的はそんなところにないのは分かっている。

以前、長男が、かまぼこが好きとの理由で鈴廣に寄ったのが最初で
それ以来、義母が一緒で箱根へのドライブには、よく立ち寄ることになった。

かまぼこ一つでよくここまで、と思えるような大きくてこぎれいな店舗に入るや
早速、義母と嫁さんは、かまぼこ探しに店内をうろうろ。


箱根駅伝コース巡り1   箱根駅伝コース巡り2



デパ地下では抵抗がある試食コーナでも、ここではなぜかついつい手が出てしまう。
やはり庶民の味、かまぼこのせいなのだろうか。

いや、商品に付けられた値札を見る限りはもはや庶民の食べ物とはいえないのだが、
嫁さんもスポンサーがいるせいかそれとも息子可愛さで何種類かの商品をゲット。
私もどさくさにまぎれに酒のつまみ用にと気に入ったものを籠に入れる。




「ここがTVでよく出る函嶺同門よ」
「この坂が大平台のヘアピンカーブ、よくこんな急な坂を走るよね」

義母も何度も車で通っている箱根路だが、何せ箱根駅伝コース巡りである。
一応は、その観点でコース案内をしなければならない。

「ほらここで食事をしたでしょう」

富士屋ホテルの角を曲がった先が、義母にはどうも判然としないらしい。
義母の言うことも当たっているかもしれない。

これまでも強羅や彫刻の森などこの近辺もよく通ってはいるが
小湧園からさき元箱根への道は私も余り通った記憶がない。


正月恒例となった箱根駅伝のハイライトである山登りと山下り。
大勢の人で埋め尽くされる小湧園前や恵明学園前も今は全く人影はなく
冬の箱根路そのもの静けさである。

箱根駅伝山登りの最高点で国道1号線の最高点でもある874mの標識を見て元箱根に入り、
ようやくゴールの箱根駅伝ミュージアムの広場に着く。



「ここが箱根駅伝のゴールだよ」



箱根駅伝コース巡り3   箱根駅伝コース巡り4




国道1号線の交差点から曲がりゴールテープを目指す必死の形相の選手達、
TVを見ている限りは、かなりの距離があるように見えたが、
現場に来てみるとほんのわずかな距離しかない。
選手達が、最後の力を振り絞って走っているから長く感じるのだろうか。


箱根駅伝コース巡り5   箱根駅伝コース巡り6

 


あのTVで見る熱気も今はなく閑散としたゴール広場。
まさしく、”兵どもが夢のあと”といった感じである。



義母と言えば、当初の疑問が解消したのか
もう関心は芦の湖の先に姿を見せる雪化粧の富士山にあるようだ。


箱根駅伝コース巡り7



ただ車の外は強風で寒く、とても湖畔で富士山を眺める雰囲気ではない。


「成川美術館に行ってみましょう、あそこから眺める富士山は最高だから」


義母の提案の前に、少しつくねに外の空気を吸わせてやる。
車から降りたとたん、余りの寒さに驚いたのか大きなくしゃみである。


箱根駅伝コース巡り8

 

それでも、つくねもしばしの観光気分を味わって満足そうである。


箱根駅伝コース巡り9   箱根駅伝コース巡り10




成川美術館の中で絵を描くつもりでいた義母も、
恥ずかしいからといって断る嫁さんに従って車の中で絵を描くことにする。
駐車場からでも富士山の眺めは十分素晴らしい。


箱根駅伝コース巡り11



後部座席からだと少し見えにくいからと言って運転席に移った義母。


「かあさん、やめてよ!」


ハンドルを握ってオチョケル義母に車中は大笑い。


箱根駅伝コース巡り12



20分程度で描き上げたスケッチ、それを黙って見守っていた私とつくね。


箱根駅伝コース巡り13   箱根駅伝コース巡り14



箱根駅伝コース巡り15   箱根駅伝コース巡り16
      義母のスケッチ                  嫁さんのスケッチ




義母の求めに応じて絵に添える私の詩もできた。


箱根駅伝コース巡り17   箱根駅伝コース巡り18

< 風強く 芦の湖に見ゆ 富士の山    < 芦の湖の 白波のさき うっすらと
       余りの寒さに 雲間に隠れ >        富士の白峰 雲に溶け込む >
       

突然に下った天の声、楽しい一日となり、
御殿場ICに向かう帰り、乙女峠からの富士の見送りも私達に花を添えた。



箱根駅伝コース巡り19






                                【その他目次】
スポンサーサイト

テーマ : 旅行、旅、ドライブ ジャンル : 旅行

EDIT  |  07:15  |  その他  |  TB(0)  |  CM(11)  |  Top↑

*Comment

聞いた話ですが

区間にある駅を目安に

旅行計画をたてて

お正月に東京から箱根間の

箱根駅伝応援ツアーを

敢行したご夫婦がいらしたとか

九州は博多の話でした
ミスキック |  2010.01.30(土) 13:08 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちはー。

イイ景色を、ありがとう。

みなさんの写真・スケッチコラボは最高!!
ボス。 |  2010.01.30(土) 13:51 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。
お母様も奥様も絵が上手ですね。そして都筑の風さんもお見事な一句ですね! 雲間に隠れたのは富士山?それとも都筑の風さん?つくねちゃん?
まぁ、いずれにしてもこの時期乙女峠の風は厳しかったのでしょうね。
我が家では家内と娘達は御殿場アウトレットで楽しみ、その間に私は乙女峠や箱根でのんびり過ごします。
ステージ |  2010.01.30(土) 14:39 |  URL |  【コメント編集】

天の声なるお義母様と奥さまのスケッチは
素晴らしいですね!!
そして都筑の風さんの詩も素敵です
旅先でスケッチをしたり詩を詠んだり…
私達のドライブとは大違いです

かまぼこ、私も大好きです
でも鈴廣はとても高い…( ̄□||||!!
チロモモ |  2010.01.30(土) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.01.30(土) 14:47 |   |  【コメント編集】

 好いですねぇ。母娘がサラリと絵を描き、それらの絵に、だんなが詩を載せる。何か、日本映画の一幅の絵を見ている感じがします。時は、心地よく流れていますね。拍手です。
アガタ・リョウ |  2010.01.30(土) 16:13 |  URL |  【コメント編集】

v-121 ミスキック さん

こんにちは。
お話のご夫妻や義母の関心事を含め、
箱根駅伝も今や国民的な行事となったようですね。
毎年嫁さんと復路鶴見付近で応援するのですが、
どの選手も実際見ると小柄で細身の人がほとんど。
どこにあのパワーが秘めているのかと感心して、
どこの学校の選手も応援したくなります。



v-119 私は、ボス さん


我が家では、義母が家にいると嫁さんの私への言動が優しくなります。
私には色々言う嫁さんも義母には頭が上がりません。
これは矢張り義母の仁徳なのか、私のいたらぬせいなのか、
いずれにしても心地よい日々が過ごせますv-8



v-122 ステージ さん


そうなんですか、良く別行動が許していただけますね。
私は、勤めている時代、ほとんどの休日は一人で
温泉巡りをしたせいか、最近は「夫婦共有の時間」の
累積時間をUPするため女性群への奉仕の精神が旺盛に
なりました。いいことでしょうかね・・・。


v-120 チロモモさん


それはそうですよ、チロモモさん所はまだまだお若い。
今からこんな静かな時間を過ごすようではいけませんね。
ワイワイガヤガヤ熱い旅行やドライブが似合いますよv-8

ps.
ももちゃんもドイツ学園のあの花壇のあるところを散歩されるのですね。
つくねも、晴れた日はほとんど毎日(嫌々ながら)散歩しているのに、
なかなか会えませんね。義母や嫁さんの都合で散歩時間が決まって
いないからなんでしょうかね。


v-122 アガタ・リョウ さん


最近、こんな時間を過ごせることの幸せを感じるようになりました。
昔、頑張って大きな仕事をしたとか、利益をだしたと言って喜んで
いましたが、あれはなんだったのでしょうかね。
でも、この幸せ感はやはりこの歳にならないと分からないのでしょうし、
若いものがこの幸せ感で満足していると矢張り世の中が・・・。
我々の特権は我々で大切にしましょう。


   都筑の風@横浜

都筑の風@横浜 |  2010.01.30(土) 19:12 |  URL |  【コメント編集】

で、今回は掃除機はかけていかれたのでしょうか(笑)
絵も歌もおみごとです。
みんこ |  2010.01.30(土) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

みんこ さん


今回は、掃除をする暇もなく車のエンジンを掛ける間際まで
横浜駅伝のコース情報の収集にPCの前に座っていました。


  都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2010.01.31(日) 09:04 |  URL |  【コメント編集】

■都筑の風@横浜 様

すばらしい天の声
寒さから隠れた富士山も雲間から顔を出してくれましたね。
スケッチも詩も素晴らしい。
鈴廣のしそ巻きかまぼこでいっぱいやるのが私は好きです・・・・余談でした。
nebaneba |  2010.02.01(月) 09:36 |  URL |  【コメント編集】

nebaneba  さん


なぜかしらかまぼこと言うのは酒の肴に合いますね。
やはりシンプルなのでしょうか、
それとも魚のすり身だから合うのが当たり前ですかね。

私も義母のご相伴にあずかり、何品かGET
一人居酒屋ではなかったですがお酒がすすみました。


    都筑の風@横浜

都筑の風@横浜 |  2010.02.01(月) 17:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。