2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.04.12 (Mon)

【都筑の風】 桜の花よりも

 
 
 
桜の花よりも@都筑の風              2010.04.12




「つくね、散歩に行くよ!」



義母の声がかかる。

今年は、ちゃんと花見にも行ったのにどうもいまひとつ”春”という感じがしない。
4月も半ばと言うのにまだ寒い日があったりして散歩するにもまだ上着が必要である。


それでも、庭の草木はそんな人間の感覚にはお構いなくどんどん春の装いを始めている。

花ミズキは、つぼみの時にあった紫色の花弁を少し残したまま淡い緑の花弁に変わり、



桜の花よりも1   桜の花よりも2




ドウダンや三つ葉つつじもその清楚な花を咲かせた。



桜の花よりも3   桜の花よりも4




昨年植えたシャガもいつの間にやら株が増え庭に春を告げるのに一役買っている。



桜の花よりも5






「私は竹やぶが大好き、この笹のこすれる音や竹やぶを通ってくる風がいいの」


「都筑の森」もようやく遅い春を迎え、義母の散歩の回数も増えてきた。

家の近くの緑道のそばに手入れの行きとどいた綺麗な竹藪に足を踏み入れる。


桜の花よりも6




「私の生まれた田舎の家の裏にも大きな竹藪があって、
 子供の頃はよくその竹藪の中で遊んだのよ」


太い一本の竹に手を添えて義母が頭を上げる。
瑞々しい緑の竹の笹の先に真っ青な青空が広がり春の風がサラサラと笹を揺らす。


桜の花よりも7



82歳になった義母が子供の頃のタケノコ堀の話を聞かせてくれる。
この凛とした空間、まさに日本昔話の世界、
笑顔の義母の目の奥には、子供の頃の自分の姿がきっと浮かんでいるのであろう。



竹藪を出る。
過日、公園愛護会のメンバーで草木に詳しい方から公園内で珍しい花が咲いているのを教わった。



「まあ、見たこともない珍しい花と思うよ」



義母の驚く顔を見たさに人が余り入り込まない公園の中に義母を連れ込む。
足元がよくないので義母の歩調に合わせゆっくり歩く。


「これだよ」
「エッ、どれが花なの」
「これが、花なんだって」

私自身、教えてもらわなければ花とは気付かない珍しいものだ。
数十センチに伸びた木の葉の葉脈の真ん中辺りにコメ粒より小さな塊が何個か付いている。


桜の花よりも8



「ハナイカダっていうだって」


義母も始めて目にする珍しいものだ。 
桜の花が筏のようになって流れる様を”花筏”というが、


桜の花よりも9



この珍しい花が”ハナイカダ”と名前がついたのも、
葉を筏としその上に乗る花を筏の上に乗る人に見立てたものらしいが、
いかにも趣のある名前である。


その他にもシュンランや高尾スミレが咲く所も教えてもらったが
さすがに義母の足で見に行くのは無理なので話だけにとどめた。



桜の花よりも10   桜の花よりも11





茅ヶ崎公園、桜が春の主役であるが、
こうした珍しい花が見ることができるのもうれしい限りである。


年度末、都筑区の土木事務所のほうで公園内にいくつかのベンチが設置された。
義母が散歩の途中、ちょっと疲れた時に休むのにちょうどよい場所である。


「今年はよかった、桜のつぼみの時から散るときまで見れて」


義母のこの笑顔、華やかな桜よりも私にとっては、嬉しい春の花である。




桜の花よりもa



桜の花よりもb





                                   【都筑の風】目次


スポンサーサイト

テーマ : 横浜市都筑区港北ニュータウン ジャンル : 地域情報

EDIT  |  07:15  |  都筑の風  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

*Comment

いつもきれいなお写真に癒されます^^
花筏、初めて知りました。
とても小さな粒粒がついているんですね。
名づけ人の豊かな感性に感動を覚えます。
手入れのよい竹やぶが都築にはあるんですね。
うちのほうはどこもほとんど手が入っておらず、
立ち入り禁止ばかりで残念です。
たまこ |  2010.04.12(月) 16:17 |  URL |  【コメント編集】

ハナイカダは本当に珍しい花ですね。
確かせせらぎ公園付近にもこのハナイカダの木があったかと思います。
誰が付けたか知りませんが、ハナイカダ同様うまく名付けたなと思う花が沢山ありますね。
これから葉の緑が最も美しい時期になりますね。
次々にワクワクする事が巡っ来てくれるのでとても幸せです。
ステージ |  2010.04.12(月) 17:18 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは。

こんな小さくて可愛い春もあるんですね。

つくねちゃん! カメラ目線で何か言ってる!?
ボス。 |  2010.04.12(月) 21:09 |  URL |  【コメント編集】

v-119 たまこ  さん


こんにちは!
公園を管理しているボランティア仲間の方に
草木についてよく知っておられる方がいます。
何度か皆で公園の中の珍しい草木の名前を教えてもらうのでうが
教えてもらった先から忘れるような状態ですが、
このハナイカダだけは珍しく頭にストーンと入りました。
それくらい変わった花だったのです。



v-121 ステージ さん



本当に感心しました。
こんな和名をつける日本人の心の豊かさ有難いですね。
桜の季節、余りにも気候の変化が激しくあまり”春”の印象がなく
去ろうとしていますが、もう新緑がそこに待っています。
心湧き立つ緑、若者も年寄りも、皆な元気になりたいものですね。


v-120 私は、ボス さん


自然も人も動物も、それぞれの春。
色々なことがあっても春はやってきますよね。
そんな中で一喜一憂しているのは人間様だけなんでしょう。
悠然と構えていたいものですが、
それができないのが人間の人間たる性なんですかね。



   都筑の風@横浜



 |  2010.04.13(火) 09:09 |  URL |  【コメント編集】

ハナイカダの花って葉の上に咲くんですね。
珍しい花の紹介だけでなく名前の由来も紹介してらっしゃるので
百科事典をみているようです^^
(ぶ厚い本は開く前に調べる気が失せますが、
都筑の風@横浜さんのブログは楽しく拝読できて頭に入り易いです^^)

お義母さまとつくねちゃんの写真には感動です。
見た瞬間に「素敵♪」と叫んでました^^
自然の中で自然体の二人(?)の姿が心に響きました。
素敵な写真です^^

竹薮散歩いいですね。一度も経験したことありません。
笹薮でアチコチ切り傷を作った経験はありますが^^;
イーグルmama |  2010.04.13(火) 10:06 |  URL |  【コメント編集】

最後のつくねちゃんとおばあちゃんの写真に癒されちゃいましたe-348
なんだか、ほのぼのしていていいですね~e-460
つくねちゃんという可愛いパートナーがいたら、おばあちゃんも楽しいですよねe-287
竹林も素敵ですねe-454
我が家もお母さんの実家には竹林があり、もう少しすると筍掘りが出来るんですよ~
私的にはそれが楽しみですがe-446
ユミック |  2010.04.13(火) 13:34 |  URL |  【コメント編集】

みごとな竹藪ですねぇ。
本州の方には、珍しくないのでしょうが、北海道ではごく限られた地域でしか
見る事が出来ないものです。(函館、伊達あたりでしょうか)

ハナイカダ・ こちらは私にとって未知の植物
名前の由来がとっても風流ですね!
さすが、わびさびの日本人の感性

これ見よがしに咲くよりも気付いたら花が咲いていた、
って感じがいいですね。

いつも綺麗な写真を楽しませて下さりありがとうございます。
一枚の写真から色々な事が連想されるナイス ショット!




rovinpopo |  2010.04.13(火) 15:19 |  URL |  【コメント編集】

ハナイカダ、うちの庭にもあります。
かわいらしいですよね。
あれが花だって知らないときは、なにか病気かと思っていました(笑)

つくねちゃんのばっちゃんは素敵ですね。
背筋もぴんとしていらして、「ばっちゃん」なんて呼べないわ。
ナカムラミナコ |  2010.04.13(火) 15:49 |  URL |  【コメント編集】

v-119 イーグルmama  さん


こんにちは!
ハナイカダ、私も人に教えてもらわなければ知らなかった珍しい花です。
こんな素敵な花の名をつけれる日本人の感性大事にしたいですね。
最近歳を取るにつれ親が元気でいる嬉しさが分かるようになりました。
みなさん若い人とは違い、これから新しいことにチャレンジすること
以外に日々平穏に暮らせることの大切さも分かってきました。
都筑の森には、本当に竹やぶと言うか竹林が多いところです。
手入れされた竹林は本当に昔話の世界ですよ。


v-120 ユミック さん


最近は娘や孫の顔を見に来るよりもつくねに会いたくて
横浜に来ているような状態です。
つくねは益々義母に甘え一日膝の上です。
でも、義母もこうしてつくねを連れ出し散歩に出ることで
足腰の衰え防止に役立っています。



v-119 rovinpopo さん


北海道はもう少し春は先でしょうが、横浜のほうは異常気象のなかでも
桜は咲き終わり都筑の森は緑一色に変わろうとしています。
そんな中で教えてもらったハナイカダ。ほとんどだれも気付くことなく
ひっそりと木陰に咲いていました。いいですねこういうのは。
日本人の感性はやはりすごいものがありますね。
最近の日本人・・・、やはり他切なものは残せる社会でありたいですね。



v-120 ナカムラミナコ  さん


ハナイカダが家の庭にあると言うことは、園芸店に売っているのですか?
それとも鳥達が運んできたものですか?
それにしてもこんな珍しい花が庭に咲いているなんて、
ナカムラミナコさんの感性もすごいですね!
つくねと義母の写真、さっそく義母に印刷して手渡しましたが
大喜びでした。



  都筑の風@横浜









 |  2010.04.14(水) 07:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。