2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.04.28 (Wed)

【都筑の風】 素の子供達

 


 
素の子供達@都筑の風              2010.04.28
 
 
 

「都筑の森」に転居してきて4年半。
最初の2年間は、まだ会社勤めをしていたので
朝早く出て夜遅く帰ると言ういわゆるサラリーマン生活をしていた。


その時の「都筑の森」で見かける風景と、
定年後の有り余る時間を「都筑の森」で過ごす時に見かける風景とに
一つ大きな違いがあることに気付いた。



子供達の姿をよく見かけるのである。

会社勤めの時も土日や休日には、
「都筑の森」のあちらこちらで子供達を見かけることがある。


しかしその景色は微妙に違うのである。


休みの日の子供達のそばには親がいることが多い。

特に日頃子供と接する時間が少ない父親がいる場合、
子供達は”良い子”になって父親と遊んでいる。


素の子供達1   素の子供達2




父親たちも同様だ。
一生懸命”良い父親”ぶりを発揮して子供達の相手をしている。
ほほえましい景色である。



素の子供達3   素の子供達4



ところが、有り余る時間が出来て「都筑の森」を歩きまわるようになり、
子供達の生活時間と私の「時間つぶし」がオーバラップしてくると、
そこにはまた違う子供達の姿を目にすることができるようになった。


子供達だけで遊ぶ景色がそこにある。

そこでは親を意識した”良い子”になる必要はない。
もっと素の子供達がいる。


緑道の傾斜は格好の滑り台になり



素の子供達5   素の子供達6




公園の池やせせらぎの水辺は彼らの一押しの遊び場だ。


素の子供達7   素の子供達8




里山に入れば上りがいのあるたくさんの木があるし、
自転車で一気に坂を駆け降りれる広場もある。


素の子供達9   素の子供達10



そうかとおもえば、自然の中でのんびり過ごす子供達もいる。


素の子供達11   素の子供達12




親のいないところでは、どの子供達も素のままの表情を見せている。



こんな豊かな自然がある「都筑の森」、
お父さん達が子供の頃遊べなかった自然がここにある。
あるいは、昔遊んだ、懐かしい遊び場がここには一杯残っている。


休みに家族サービスなどと言って遠くに疲れに行く必要はない。
家族サービスと言う義務感では子供達の素の顔はなかなか見る事は難しい。

お父さん達も子供に戻って楽しむとよい。



素の子供達13   素の子供達14




素のお父さんの遊ぶ姿が子供に伝わり、
今夜の夕食の食卓がにぎやかになるに違いない。
(私自身ができなかったことを、とやかく言える筋合いではないのだが)








  
                                   【都筑の風】目次
 

スポンサーサイト

テーマ : 横浜市都筑区港北ニュータウン ジャンル : 地域情報

EDIT  |  07:15  |  都筑の風  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

*Comment

■こんにちは。

「懐かしい~」と感じるボスです。

子ども(4才~7才)を、武蔵小金井で暮らしました。
家から5分もかからない所に林、川があり、
木登り、川遊びをしましたよ。

そこには大人はいなかった。
子どもたちだけの世界でした。

ボス。 |  2010.04.28(水) 09:23 |  URL |  【コメント編集】

■オアシス

都築の森は
うーん 父親にとっては「ビジネス砂漠」
子供にとっては「教育砂漠」のオアシスですね
nebaneba |  2010.04.28(水) 10:20 |  URL |  【コメント編集】

普段土日にお休みのあるお父さんは
なにも混んでいる連休中に遠出をする必要なはいかもしれませんね
ただ、うちは普段は遠くに行かれないので
ようやくの連休…せめて県外へは遊びに行きたいです♪
チロモモ |  2010.04.28(水) 11:59 |  URL |  【コメント編集】

子供が小さい頃、休日と言えば遠出はそれほどしなかったものの、いつも多摩川土手や等々力公園で一緒に遊んでました。そんな娘達も中学生になると仲間達と過ごす時間が多くなりました。折角の休日なんだからもう少し父親サービスで私の相手をしてくれてもいいのですが^^;

時々男の子が居たら何して遊んでいるのだろうって思う事があります。
ステージ |  2010.04.29(木) 01:07 |  URL |  【コメント編集】

v-119 私は、ボス さん


我が家の二人の息子、長男は6年生の時、次男は2年生の時に横浜の鶴見に転居。
この4年間の田舎での生活の長さが、二人のその後の生活に大きな違いを与えている様な
気がします。
長男は自然が好きでいまの都筑が大好き、次男は都会っ子に。
やはり幼児体験は影響が大きいですね。


v-121 nebaneba  さん


先日小学校でお母さん方と話をする機会がありましたが、
いまだに良い学校いい会社狙いなんですね。
本来は何をやりたいかが大切なんですが。
そんな意味では、ここ都筑の森で自然に親しむことで
勉強だけでは学べないものを多く吸収し、
何をやりたいかのベース作りになればいいですね。
お父さん達はやりたいことがどれだけできているのか
ビジネス砂漠の状況下、オアシスで一服して英気を養う
くらいなのですかね。


v-120 チロモモ  さん


そうですか、めったに休めない旦那さんとしばしリフレッシュの旅ですか。
ももちゃんも一緒ですか、それともお留守番ですか?
我が家では何処か行く場合、まずはつくねをどうするかの検討が先で
連れていくならその宿探し、留守番なら義母や息子の都合を聞くなど
大変です。
チロモモさんもGW旦那にくっついて遊んでもらってくださいv-8


v-122 ステージ さん


二人のお嬢さん、それぞれ成長するにつて個性が出てきて
それぞれの道を模索し始めている様子がステージさんの
ブログで拝見できます。中学生から高校生の過程で子供は
一気に親離れしていきますね。またそうでなくては子供の
自立心が芽生えない。
>折角の休日なんだからもう少し父親サービスで私の相手を・・・
まあ、もう無理とあきらめるしかないでしょねv-8
親はそんな中でも愛情を持って子供を見守るのが役目なん
でしょうね。



   都筑の風@横浜


 |  2010.04.29(木) 09:04 |  URL |  【コメント編集】

視点が変わると同じ光景もまた違って・・・

父親が転勤族だったのでどこが古里か解らない私ですが、
妙に懐かしさがこみ上げてくる光景です。

きっと場所は関係ない 『心のふるさと模様』
rovinpopo |  2010.04.29(木) 09:11 |  URL |  【コメント編集】

rovinpopo さん


私は長男が小6二男小2の時横浜に1回転勤しただけですが
小さい子供にとっての親の転勤がどう影響を与えるのか正直
経験がないので分かりません。でも4歳違いの兄弟でも、
前に住んでいた田舎に慣れ親しんでいた長男のほうが自然派、
次男は都会派になっています。
それぞれ大きくなり、その中で経験した色々なことが、
rovinpopoさんのおっしゃるような「心のふるさと」として醸成される
のでしょうね



   都筑の風@横浜

 |  2010.04.30(金) 10:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。