FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.10.20 (Wed)

【その他】 しまった、忘れていた!

 
 
しまった、忘れていた!            2010.10.20




朝、起きてきた義母がリビングに入るなり
先に座っていた我々夫婦に言った。 
 
 
「おめでとう!」


いつもなら、普通に

「おはよう」

で朝の会話が始まるのだが、今朝は違ったのである。


「有難う!」

嫁さんが義母に応える。

私は、何のことかわからず、嫁さんの顔を何度か見てしまった。
これがまずかった!


義母が何を持って”おめでとうと”言ったのか、
その時点では分からなかったのである。

一瞬というより、嫁さんの顔を見ながら首をかしげたのだからどうしようもない。

ふた呼吸程おいたあとに、義母が口にした”おめでとう”の意味が分かった。
でもそれでは既に遅すぎたのである。


義母が起きてくる前に嫁さんとの朝一番の会話は、

「おはよう」

といつものように始まり一言二言話した後、

「今日、映画か温泉にでも行こうか」

と何気なく提案した。

しかし、この提案は、義母の気分転換のための提案で、
義母の”おめでとう”と同等の意味を込めて嫁さんに話しかけたわけではなかった。

その時は嫁さんの態度には特に目立った変化はなかった。

「母さんは無理と思うよ、あなた一人で行ってきたら、」

いや、変化に気付かなかった私が抜けていたのである。



後から起きてきた義母の

「何年目?」

の言葉で一瞬にして今日が何の日か気が付いた。

嫁さんが答える前に間髪を入れず返事をする。

フー、やばい!
今日の日のことを私が忘れていたことを嫁さんは気が付いただろうか。

なにせ、義母の”おめでとう”の言葉に
ふた呼吸くらいは首を傾け嫁さんの顔を見ていた私である。


例年なら、まず忘れることはないのであるが、
今年は義母の体調のことがずーっと気になっていて、
今日の日のことは完全に失念していたのだ。

しかし、これは私の言訳である。
義母が”おめでとう”と言うまで、いや正確には“何年目”と言うまで、
今日の日のことをすっかり忘れていたのであるからどうしようもない。


朝食時の会話をムニャムニャと取りつくろいながら
その場をごまかすしかなかったのである。


その後のフォローが大変であった。

こんな日に、“温泉に行こう”とか“映画に行こう”というのは
今日の日のことを忘れていた証しのようなものであるが
間違ってもそんなことを白状してはならない。

義母の“何年目?”の言葉ではないが、新婚早々の夫婦ではないので、
嫁さんも目立った態度を示すわけではない。


私のほうも、今日の日のことを気付いたからと言って、
“温泉か映画にでも行こうか”を急に変更してはまずいことぐらいは十分分かっている。

このあたりの呼吸が“何年目”ではなく”何十年目”にもなる熟年夫婦の接し方の妙である。



「おばあちゃんは、まだ身体がいまいちだから無理かな」

ていよく義母をだしに使うしかこの状況を打破する方法はないのである。


「無理と違う、行きたいのなら貴方一人で行ってきたら」

やばい!
やはり、嫁さんは気が付いている。
何とかリカバーショットを打たねばならない。

「おばあちゃん食欲ないから、夜は、おばあちゃんの気に入っているあの店に行こうか」

バレバレだが、しようがない。
ここはぐらついてはいけないのである。

今日の日のことを忘れていなかった事で押し通すしかないのである。


義母の了承も取れ、お店にも予約が出来、
何とか今日の日らしい段取りは一応取ることが出来た。

しかし、夜までには、まだかなり時間がある。
今日の日のことを完全に忘れていたのだから、
嫁さんに渡すプレゼントなんか準備しているわけがない。


「あなた、温泉に行きたいなら行っておいでよ」

嫁さんの言葉が冷たく聞こえるのは、
やはり私に負い目があるからであろう。

この時、天啓なのであろうかもう一つのリカバリーショットが思いついた。


「それなら、お店に行く前までの間、ちょっと温泉に行ってくる」

と嫁さんに声をかけて家を出る。
行き先は、温泉ではなく花屋さんである。

何種類の切り花を買い求め急いで家に戻る。

嫁さんは、義母の昼寝に合わせ自分も横になろうとしていたところだった。
今日という日に旦那から何も無しでは、ふて寝でもするしかしょうがなかったのだろう。

花束を見たとたん、嫁さんの態度が一変する。


「有難う!私も温泉に行くから花を生けるまで待ってて」

しまった1


今度のリカバリーショットは効果があったようである。
照れ臭いが、嫁さんの変化にほっと肩をなでおろす。


「おばあちゃんは温泉は無理なんだろう、それなら写真を撮りに行ってくるよ」

夕食のセットと花のプレゼントで、
ようやく”今日の日”らしく思えてきたのであろう、
見送る嫁さんの発するオーラも柔らかく感じられる。



写真を撮りに行って家に戻る頃には陽も落ち、
予約しているお店に出かけるのによい時間となっていた。

ちょうど、家に来ていた二男も一緒に行くという。



「おめでとう」の義母の一言で始まった“今日の日”、
こうして義母と二男が手をつないで歩く姿が、
今度は、我々夫婦二人にとっての何よりものプレゼントになった。



しまった2   しまった3






                                          【その他】 目次





スポンサーサイト

テーマ : 独り言。 ジャンル : 結婚・家庭生活

EDIT  |  07:15  |  その他  |  TB(0)  |  CM(11)  |  Top↑

*Comment

 いやー、美しい話ですなあ。
そこまで気配りしますか・・・。
私なんか、地獄に落ちそうな態度を続けています。
 よく考えてみると、実は明日が私たち夫婦のその日なのです。
でも、特別なことは何もないでしょう。
 ともかく、これからもお幸せな暮らしを・・・
そして、聡明なお母様も健康で・・・
森に暮らすひまじん |  2010.10.20(水) 09:16 |  URL |  【コメント編集】

森に暮らすひまじん さん


>私なんか、地獄に落ちそうな態度を続けています・・・
それは、これまでの生活態度によるのでしょうか。
わたしなんか、とにかく身勝手で家のことは嫁さんにまかせっきり。
結果定年後は、とにかく嫁さん頼りになる訳でして・・・・。
明日は森に暮らすひまじんさん川か海で大漁の肴でプレゼントが
お似合いでしょうか[、それとも奥様の畑仕事の手伝いなんかも
いいのでは絵文字:v-8]


   都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2010.10.20(水) 09:35 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.10.20(水) 09:48 |   |  【コメント編集】

おめでとうございます!
花って、女性にとって、いつもらっても
嬉しいもんですよね。
(しろわんに会いにくる、小学生の女の子に
 庭のコスモス、あげると大喜びでしたよ)

ナイスリカバリーでしたね。

これも素敵な思い出になりますね。


sirowan |  2010.10.20(水) 13:04 |  URL |  【コメント編集】

■おめでとうございます

こんにちは☆
奥様側の立場になって読んでいた私は、途中から涙・・・。
とても素敵なご家族ですv-352
花束・・・ いつ貰ってもやっぱり嬉しいです。
lottie mama |  2010.10.20(水) 14:03 |  URL |  【コメント編集】

sirowan さん


これからはつくねにも”その日”のことを覚えておいてもらい、
朝私を起こす時には、”念入りに“顔を舐めるように躾ておかねば
なりませんね。来年のつくねの誕生日も絶対に忘れないように
しておかなければ、こんどはつくねへのリカバリーショットを
打たねばなりませんからね。
つくねも女の子、お花が好きなので、今度は忘れないようにしておかねば。
都筑の風@横浜 |  2010.10.20(水) 15:44 |  URL |  【コメント編集】

■おめでとうございます。

奥さまの機嫌が良くなって、ホッです。
次男さんの優しさにも・・。
ボス。 |  2010.10.20(水) 17:41 |  URL |  【コメント編集】

結婚記念日でしたか
おめでとうございます♪

忘れていたとはいえ、すぐにお花をプレゼントされるなんて
やはり都筑の風さんは奥様にお優しいですね
うちは主人からお花なんて一度ももらったことありません
それとも都筑の風さんの年齢になったら
うちの主人もくれるようになるのかしら?
まぁ今年は私もすっかり忘れていたので
特に期待もしていなかったのですけどね(^^;)

私達世代の良い見本となる
素敵なご夫婦でいて下さいね
チロモモ |  2010.10.21(木) 22:41 |  URL |  【コメント編集】

私は、ボス さん


今回のその日で本当に二男が義母の手を取って
歩いている姿を見れたのが最高の幸せでした。
順繰りに人は老いていきますね。
それをちゃんと受け止めて欲しいと思いました。


チロモモ さん

やはり、嫁さんが怖いからなんでしょうかねv-8
でも、この日ばかりではなく、家族の誕生日もなにやかや
イベントをする家庭なので習慣になっているだけですよ。



  都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2010.10.22(金) 10:01 |  URL |  【コメント編集】

よく読みなおしても「結婚記念日」なんて一言も書いてない。
でも、きっと結婚記念日?と思わせる。
すばらしい構成になっている文章ですね。

きっと結婚記念日ですよね・・・。
おめでとうございます。

あひる
あひるの歌 |  2010.10.22(金) 12:29 |  URL |  【コメント編集】

ステージ さん


絶対忘れてはならない日と思っている家庭、
もうとっくに忘れてしまっている家庭、
奥さんだけが覚えている家庭。
様々でしょうが、我が家では家族の誕生日とこの日は、
なぜかイベントをする日となっています。
やはり、忘れていた私の大チョンボです。
ステージさん所は日頃のフォローが行きとどいておられる様子、
私のようなことはないと思いますv-8


アヒルの歌 さん


今日はいよいよ本番の日ですね。
アヒルの歌さんのご家庭にも過去未来に色々な”今日の日”が
作られていくのでしょうが、まさに今日もその日の一つになるのでしょね。
楽しんできて下さい。


  都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2010.10.23(土) 10:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。