FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.12.03 (Fri)

【温泉雑記】 小渋温泉 1337湯目

 
                        2010.11.06入湯
 
 

鹿塩温泉の山塩館に入れなかったのは残念だったが、
一応鹿塩温泉で入湯数1ポイントを稼げたのでほっとする。

私の温泉巡り、温泉に入って何かうまいものを食べるわけでもなし、
ぼーっと一日温泉に浸かってのんびり過ごすのでもない。
ただ、温泉地に行って入湯した温泉地の数を稼いで喜ぶだけなのである。


「あーーあっ!」

の一声を発する毎に、毎回数百円から千円ほどの入湯料が消えていく。
一日に複数個所の温泉を巡る場合は、長く滞在しても1時間、
短い時は30分もしないうちに次の温泉地に向かうこともある。


ただ温泉に入りに行くだけが趣味の温泉巡り、
他の人には理解しにくいもので一向に構わないのである。
それでも色々な方がブログで温泉の情報を発信していることからも分かるように
意外に温泉巡りを趣味にしている同好の士が大勢いるのである。

特に“秘湯”とか”混浴”が人気のあるブログのようである。

私も、この温泉巡りを始めて20年以上になるが、
これまで入湯した1336ヵ所の温泉地の中には、
歩いてしか行けないような”秘湯”もあれば、”混浴”の経験もある。
北海道身勝手一人旅の混浴の章参照下さい)

もちろん、相手を伴っての”混浴“は望むべきものではないが、
東北や北海道の温泉では、”偶然”にそんな機会が得られる温泉が結構残っている。
ただし、せっかく巡り合った“偶然”の混浴も、
相手がご高齢の方と言う場合が多いので余り期待しない方が良い。


鹿塩温泉の次に向かった小渋温泉赤石荘も温泉ブログで見つけた温泉で、
今回どうしても入りたいと思っている温泉の一つなのである。



鹿塩温泉から南に数kmほど行った所にあるが、
国道152号線から山の中をしばらく走ることになる。

紅葉のトンネルの中を走り抜け、一軒宿の赤石荘の駐車場につく。


小渋温泉1   小渋温泉2


フロントで温泉に入りたいと申し込むと、
今度は快く直ぐ了解の返事が返ってきた。
まずは一安心である。

早速、ここ赤石荘を有名にしている露天風呂に向かう。
玄関脇のプレハブ風の浴舎、一瞬不安が頭をよぎるが、
中に入ったとたんそれが杞憂だと分かると同時に顔が自然に微笑んできた。

脱衣所から開け放たれたドアの向こうに、
その露天風呂が目に飛び込んできたのである。

いや、露天風呂というより、一幅の”絵”と言った方がふさわしい。


小渋温泉3



急いで服を脱ぎ、その”絵”の中に入り込んでいった。


眼下に広がる大鹿村の家並み、
色ずく雑木林、
まさに絶景である。


小渋温泉4   小渋温泉5



こんこんと注ぎ込まれるお湯、
身体にまとわりつくようなぬめり感のある本物の温泉だ。
勿論源泉掛け流しの温泉。


小渋温泉6



視線を上に向ければ、浴舎の屋根の間からは、
今にもこぼれおちそうな紅葉や色とりどりの木々の葉が美しさを競い合っている。


小渋温泉7   小渋温泉8



正に至福の時である。


小渋温泉9   小渋温泉10



こんな温泉に出会えるから、
温泉巡りがなかなかやめられないのである。


”夫婦共有の時間を”と唱えている私である。
物理的に一緒にこれなかった嫁さんと、
せめて電話でこの喜びを共有させておかねばならない。


「皆で泊まりたいくらいの良い温泉なんだ、すごいんだから」

「あーそう、良かったね」

私の言葉の表現が足らないせいであろうが、気のない返事である。

なにせ、朝4時半でも起きて見送ってくれた義母と違い、
つくね同様爆睡していた嫁さんである。

”夫婦共有の時間を”の意識は、
まだまだ一方通行のようである。


それでも、つくねのほうは、自分が起きた時に横に私がいないと気づき、
私を探すため家の中をあちこち動き回ったとのことである。

嫁さんも、夢の中ではちゃんと見送っていたに違いない。




【追記】

  この後以下の温泉に入る

   再訪    信州まつかわ温泉 清流苑
 1338湯目  伊那谷温泉    満願の湯
   再訪    下條温泉     コスモスの湯   

 


                                  【温泉雑記】 目次
 

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿 ジャンル : 旅行

EDIT  |  07:15  |  温泉雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■都筑の風@横浜さんへ

こんにちは、大変眺めの良い温泉に行かれましたね!
雰囲気が伝わってまいります~
お一人での外出も良いではないですか。
今年は紅葉も温泉も無い生活なのでとっても
うらやましい限りでございますv-411
オニキス君 |  2010.12.03(金) 12:04 |  URL |  【コメント編集】

オニキス君 さん

こんな温泉に巡り合えると、温泉巡りをしていて良かったな
という実感がわきます。
最近は特色のない日帰り温泉施設が多い中、
やはり個性のある旅館の温泉はいいものがあります。
オニキス君さんもまた温泉巡り始めて下さい。


  都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2010.12.04(土) 09:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。