FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.02.17 (Thu)

【温泉雑記】 四万温泉  その一 貸切露天風呂

 
                   2011.02.10入湯
 
 



”カシャ”ドアの鍵をかける。

ついに実現した!
貸し切り露天風呂で好きな人と”二人”になれた瞬間である。

ドキドキする。

勿論相手は嫁さんではない。

温泉宿の部屋に案内された時、係の人から貸切露天風呂は
わずらわしい予約無しで空いてれば入れますと聞いていた。

この説明を聞いて内心ほっとした。
好きな人と二人で温泉に行き、貸切露天風呂を予約するのはやはり抵抗がある。

この宿は、そんなお客の気持ちが分かるのだろう、
粋な計らいをしてくれるものだ。

大雪で大変な思いをしておられる方々が多いのに、
雪国生まれの私は、なぜか雪景色を見ると雪見露天風呂に行きたくなる。

昨年も、ちょうどこの時期に万座温泉に行って雪見露天風呂を満喫してきたが、
今年もまた行きたくなり候補地を探していた。

そして見つけた宿が、四万温泉湯元四萬館である。
四万温泉にはこれまで2回訪れているが、湯元四萬館に泊まるのは初めてである。
決め手は何と言っても5ヵ所もある貸切露天風呂である。
勿論大浴場もあるが、せっかく好きな人と二人で行く温泉旅行である。
何で、私一人で大浴場に入る必要があろうか。


鍵は間違いなく掛けた。
もうこれからは”二人”だけの世界だ!

落ち着け、落ち着け。
あわてることはない、と自分自身に言い聞かせるが、
はやる気持ちはどうしようもない。

なにせ、好きな相手と、”鍵の掛った”貸切露天風呂で二人っきりになるのである。
私でなくても気が急くのは当り前であろう。

それなのに相手は、貸切露天風呂になれているのだろうか、
私の気持ちを弄ぶかのように先に”裸”になって風呂に入っていくではないか。

一瞬、私以外の誰かと二人でこうした貸切露天風呂に入ったことがあるのでは、
と思ったが、私も嫁さんがいる身、相手を独占できる立場ではない。

ここは、そんな相手の過去を詮索するより”いま”を楽しむ方が大事である。
急いで私も裸になって相手のいるところに向かう。

しかも”デジカメ”を持ってである。
私の意図は見え見えなのに、相手は嫌がるどころかニッコリ笑いかけてくれている。

自分だけこんないい思いをしてと、嫁さんの顔が浮かんだが、
やはり、せっかくのチャンスを逃がす手はない。

デジカメを相手に向けシャッターを切る。


湯元四萬館貸切風呂1
(写真をクリックして拡大して見て欲しい)


?!?!

こうして、好きな先輩と二人で5か所の雪見露天風呂巡りをし、
その後は、部屋で二人で向かい合って飲み語ったことは言うまでもない。

ただ、先輩と酒を飲みながら良い気分の中で気になったことは、
我々二人が貸切露天風呂に入るのに、なぜ私が鍵をかけたである。
いまだもって分からない。

色々な妄想が・・・
いや気分を害するから、ここは良い気分のままで寝た方が幸せである。



【追記】

湯元四萬館は、清流四万川に沿って立つ歴史のある旅館である。
古くは、文豪井伏鱒二や太宰治が逗留した宿であり、
田中角栄も愛用した宿との事。

湯元四萬館の浴舎は全部で11ヵ所ある。
泉質は同じで浴舎の雰囲気が違うだけである。
泉質はナトリュウムカルシュウム塩化物硫酸塩泉。


大浴場:男湯 喜寿の湯 女湯 亀の湯
貸切 :鹿の湯、河鹿の湯、そよかぜの湯、野うさぎの湯、風の谷、とんぼの湯(夏季のみ)
    貸切風呂は、ほとんどが二三人が入れる程度の小さいお風呂であり、
    全て四万川を眺めて入ることが出来る。    
混浴 :河童の湯(夏季のみ)、文人の湯(夏季のみ)
温泉プール(夏季のみ)




湯元四萬館貸切風呂2   湯元四萬館貸切風呂4
          (風の谷)                 (鹿の湯)
   
   
湯元四萬館貸切風呂3   湯元四萬館貸切風呂5
         (そよかぜの湯)               (河鹿の湯)
   
   
湯元四萬館貸切風呂6a
        (野うさぎの湯)










 
                                  【温泉雑記】 目次
 

スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪ ジャンル : 旅行

EDIT  |  07:15  |  温泉雑記  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

*Comment

 貸し切り露天風呂・その一・・・とあるので、その続きがあるのでしょう。
後手に、入口の鍵をかける。思わせぶりである。
 読み進むうちに訳が分からなくなる。問題の写真を大きくすると、風船が一気にしぼむような光景。
 まあ、「好きな人」との露天ぶろは、妄想の極みなのでしょうが・・・。そこに、人生の一抹の寂しさを感じてしまうのですが・・・・。
 続きを楽しむとしましょう。
森に暮らすひまじん |  2011.02.17(木) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

森に暮らすひまじん さん

貸切風呂、最近は有って当たり前のようになってきましたが、
そこまでお客に迎合しなくてももっとお客の立場に立った
宿作りが出来そうなものですが。
それでも、平日の雪見露天風呂、だれもいなくて”寂しさ”を
味わうには、やはりいいものですね。

   都筑の風@横浜
都筑の風@横浜 |  2011.02.18(金) 13:22 |  URL |  【コメント編集】

ここ行ったことあります!

途中までこの人浮気してる~~なんて思って読みましたが。
でもそういう恋愛もあるんじゃないかと・・・ww

あーーー露天風呂入りたいですわ~
naonyan |  2011.02.18(金) 13:43 |  URL |  【コメント編集】

思わせぶりな成り行きに、(つくねちゃん、温泉デビューか?!)と期待して読んでいたら思いっきり外れてました(笑)

こんな風に、先輩と温泉旅行ができるなんて素敵ですね。
とかく、殿方は職場を退職されるとお仲間との縁も切れることが多いと聞きますけれど、きっと都筑の風さんの人徳なんでしょう、こうしていつまでもお付き合いができるんですねv-8

Rosa |  2011.02.18(金) 17:33 |  URL |  【コメント編集】

へ?
風さん、浮気?
それをブログネタに?
と、一瞬、どきっとしました。

先輩との温泉、楽しんでくださいね。
その二、楽しみにしています。

sirowan |  2011.02.19(土) 00:22 |  URL |  【コメント編集】

なるほど、貸し切りならデジカメ持ち込み可ですね・・・

データとして、温泉写真欲しいですね。
まんがいんく |  2011.02.19(土) 08:48 |  URL |  【コメント編集】

naonyan さん


雪見露天風呂、良いですよ!
メルボルンには温泉ってないのでしょうか?
あったとしても水着着用ですか?
温泉は、男も女も若きも年寄りも、
スッポンポンんで入ってこそあの解放感が生まれるんですよね。


Rosa  さん


そうでしたね、熟女のつくねと
貸切露天風呂という方法があるんですね。
気がつきませんでした。
嫁さんにばれても文句の出ない唯一の方法ですね。



sirowan  さん


一度は妙齢の女性と・・・
幾つになっても男はバカな動物でして。
そんな願望を込めてのブログでしたが、
やはり現実は厳しいものですね。


まんがいんく  さん


私もこれまでに、1344ヶ所の温泉に入っていますが、
入り始めた二十数年前には、デジカメなどなく、
温泉パンフレットを集めて置くくらいしかありませんでした。
それが今やデジカメで入った温泉や辺りの様子が残せるようになり
より思い出が鮮明に残るようになりました。
ただ、他にお客がいるときはカメラで浴室内を撮るのは無理ですね。
私のように平日温泉巡りが出来るようになると、
以外にお客のいない時があり、こうして写真を撮れる機会が増えました。



   都筑の風@横浜


都筑の風@横浜 |  2011.02.19(土) 09:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。