2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.14 (Mon)

【酒の肴-男の料理-】 第四作目 レンコンとひき肉のトマト煮

第四作目 レンコンとひき肉のトマト煮    08.04.13


どうだ、やればできるではないか!

という感じの料理の名前ではないですか。

もちろんレシピ本についていた料理名であって
私が名づけたものではありません。


今日は日曜日。

サラリーマン時代から家でお酒を飲むのは
土日の2日間と暗黙のルールを作っている。

仕事の関係でお酒を飲む機会が多くあるとき肝臓を悪くした。

それまでは365日毎日お酒を飲み、
休肝日を意識しながら飲み続けた日々だった。

それが、土日2日間のみの”酒飲みデー”にしたのだから
大した変わり様と自分でも感心している。

ところがである、定年になると、それこそ毎日が”土日”であるから
ついつい気が緩んでしまい、お酒を飲む頻度がまた増えてきた。

まして、こうして「酒の肴-男の料理-」と銘打って
料理にチャレンジしようとしているのだから、
出来た料理を肴に酒を飲まないわけにはいかない。

そこで、今後は再度ルールの正しい運用をめざし、
なるべく料理のチャレンジは土日にしようと考えた。

そして今日は日曜日、第四作目となった次第。


いつもの料理本「とまらない酒と肴」のなかから、
”初心者”ができそうな料理を探す。

探す基準は、嫁さんが作らないもの、
すなわち作ることは簡単だが時間がかかる料理だ。

で選んだものが「レンコンとひき肉のトマト煮」だ。
同じページに食べたことのない「レンコンのきんぴら」が載っていたので
それもついでに作ることに。

”ついで”ですからね、初心者の割には言うことだけは一人前だ。

レンコン料理を選んだのは、
個人的にはレンコンが好物であることもその理由の一つだが
嫁さんの作るのがレンコンの卵とじが多く
少し変わったものを作り驚かそうといった下心もあった。

”初心者”なのに生意気なもくろみだが、
どうせ作るからには遊び心も必要だろうと、
作ってもいない前から出来梅を目にした嫁さんの顔を思い浮かべる。

レンコンは、これまで何度となく食べてきたが
自分で料理したことは初めてだ。

まず、その硬さに驚く。
包丁で皮が旨く剥けないのである。

もちろん包丁の良し悪しもあると思うが、
他の食材ではこんなことはなかった。


こんなことも料理をして初めて分かった”驚き”だ。

この”硬さ”を料理するこつも分からず、ただレシピ通りに作った結果、
レンコンのサクサク感ではなく硬さが少し残ったものになってしまった。

それでも息子はちゃんと平らげてくれたので
まずまずの出来梅と自画自賛をする。

ところが驚かそうとした肝心の嫁さんといえば、
その日は夜、珍しく友達と外で食事をすることになっていて
食べずじまいであった。

第四作目





                       【酒の肴 -男の料理 目次-











スポンサーサイト

テーマ : 男の料理 ジャンル : グルメ

EDIT  |  09:03  |  酒の肴  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。